自分の経験を元に流れるように仕事が進むために必要なフロー理論についてまとめてみました。

フロー理論とは。

自発的な理由で、 目に前のことに没頭する感覚から楽しさを感じことです。

その際、 高いレベルの集中力を発揮して、 場の一体感による状況をコントロールする楽しさ、 自尊感情による満足感を経験できます。

状況をコントロール楽しさを 知ることにより、 活動への参加意欲・学びと想像への 欲求が高まり、 自然と能力を高めることが出来ます。

 

フロー状態とは。

目標が明確で、

直接的なフィードバックがあり、スキルとチャレンジのバランスが取れている状況で活動している時に、意識が一つの事に集中し始めるようになります。

一つの事に集中するすることにより、意識の散漫さはなくなり、場と一体感を感じ、状況をコントロールできる・出来ている感覚を持っている状態。

この時、全体がスムーズに流れる状態から「流れる=フロー」という意味で、フロー状態と言われています。

フロー状態の7つの特徴

(1)自分の能力より、少し高いレベルの課題・目標に取り組むことで、 集中しやすくなる。

(2)自分にとって、大切にしたいこと・やりたいことに対して集中できる。

(3)やることが明確になっていることで、集中しやすくなる。

(4)行っていることに対して、直接的なフィードバックをもらえることで、 存在価値を自覚できる。

(5)一つのことに集中することで、他のことを気にしなくなる。

(6)自分の行動を客観視できている感覚を持てる。

(7)自分の大切に対ことを大切にしたという感覚を強く感じることが出来る。

(8)場との一体感を得られることにより、 状況をコントロールすることが出来るようになり、 無意識に時間の流れも把握出来るようになる。

 

メール講座

私の体験によるワクワク感・充実感を手に入れる方法の購読申し込みはこちら

 

メルマガ

気づきの一言の購読申し込みはこちら

rogo111rogo 2 rogo 4rogo 3 rogo 1


コメントを残す