リーダーになりたいですか?

リーダーと言えば、
強い決断力、行動力というイメージが多いと思いますけど、
あなたは、どんなイメージをもっていますか?

本屋に行けば、
決断力、行動力などを必要としたリーダーについて、
書いてある本が目につきます。

という事は、

リーダーとは、そういうものだという認識が高いという事なんでしょうね。

では、リーダーになりたいと考えている人は、
強いリーダーになる決意をしているのでしょうか?
私は違うと思います。

ほとんどの人が

会社などの組織内の年功上列や辞令で、

無条件でリーダーになってしまっているのでは

ないでしょうか?

皆さんの周りのリーダーは、どうでしょうか?

社内の辞令などで、リーダーになってしまった人に、
決断力、行動力を求めるのは、酷ではないかと思います。

成り行きによって、

リーダーになってしまった人にとっては、

迷惑と感じる人もいるだろうし、

自分の夢に近づけるチャンスと考える人もいると思うんです。

仕事にやりがい・生きがいを感じ、

自分が大切にしたいものが存在すれば、

リーダーになる事は、歓迎すべきことだと思います。

責任などは、重くなる代わりに

権限・主導権を握れて、

自分のやりたい事が出来るのですか。

私の場合、

成り行きで仕事を仕切る立場になった時がありました。

一日の仕事の段取り・指示をすべて行うのです。

たいへんでしたけど、

やりがいがあり、その立場を嫌とは感じることは

まったくありませんでした。

嫌と感じるどころか、

楽しんで行っていました。

なぜ、そんな気持ちでできたと思いますか?

答えは簡単です。

仕事の中に、

自分が大切にしたいものがあったからです。

あなたは、

仕事の中に自分の大切にしたいものがありますか?

 

メルマガ

気づきの一言の購読申し込みはこちら

35歳からの仕事のやる気UPメールの購読申し込みはこちら


コメントを残す