教える仕事の深さと広さを考えていますか?

いつもブログを読んでくださり
ありがとうございます。

 

仕事の教え方をサポートしています
仕事の教え方コーチ 吉岡 晃です。

top-taitoru6

 

イベント情報

 

高野さん講演会画像

10月3日
第一回 リッツ・カールトンホテル元日本支社長 高野登講演会
「人生を成功・充実させる言葉の力 ~ 一流の人達が活用している言葉 ~」」
詳しくはこちら

 

仕事を教えている時、

ふと、こんなことを考えることはありませんか?

 

仕事を一つに限定して詳しく教えるか。

それとも、
多くの仕事の表面的な事を教えるか。

 

最近の仕事の教え方の傾向としては、

この2つの中間ではないかと思うのです。

 

 

そこで、質問です。

 

仕事を教えている相手には、

1年後、どの程度、

仕事ができていてほしいでしょうか?

 

 

もう少し詳しく言えば、

1年後に相手に身につけていてほしい

仕事の知識やスキル・技術は、

どの程度のレベルでしょうか?

 

 

もし、そのあたりの事を

明確にしていないで教えているとしたら、

かなり危ないと思うのです。

 

 

仕事を教えるにしても、

教えている相手が1年後や数年後、

どの程度、仕事が出来ていてほしいかという

ビジョンを明確にしていないと、

教える内容や目標が、

場当たり的になりかねないと思うのです。

 

 

そんな教え方でいいのでしょうか?

 

 

もちろん、

状況や会社の都合で、

変更をする必要が出てくるかもしれません。

 

 

とはいえ、仕事を教えている以上、

相手の人生の一部を預かっているのも同然だと思うのです。

 

 

それを場当たり的に教えていていいものなのでしょうか?

 

 

もちろん、

正社員と契約社員・派遣社員・アルバイト・パートとは、

教え方は違ってくると思います。

 

 

会社によっては、

差別もなく教える場合があると思いますが、

働く側の意識や立場が違います。

 

 

その事を踏まえて、

教え方を考える必要があると思うのです。

 

 

話が逸れましたが、正社員に対しては、

深く広く仕事を教える必要があると思うのです。

 

 

その為にも、

教える相手と将来の仕事や生き方について

真剣に話し合い、将来の仕事のイメージを

明確にする必要があると思うのです。

 

 

将来のビジョンが明確であれば、状況が変わろうとも、

行き着く先は、変わる事はないので、

行動や発言は一貫性を保てて、

自分の教え方に自信を持つ事が出来ると思うのです。

 

top-taitoru6

仕事の教え方でお悩みの経営者・中間管理職・職場のリーダーの方を対象に
セッションメニューをご用意しております。

詳しくは、コンテンツ「セッションメニュー」をご覧ください。

 

セッションに関するお問い合わせもお待ちしております。

お気軽にしてくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

 

top-taitoru6

 

仕事の教え方に悩んでいる
経営者・中間管理職・職場のリーダーをサポートしています。

アクティーズ・ジャパン
仕事の教え方コーチ  吉岡 晃

携帯番号:080-4306-4170

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka

 

 


コメントを残す