なぜ、働く人が辞めていくのか? 定着しないのか? 答えはたった1つです

若手・新人が、仕事の基本を学び、健康で無理せず成長できる 職場環境を作るサポートを行います。 無視せず、健全に目標達成をし、自己成長が出来るように 部下目線による人材育成のサポートを行います。


 

なぜ、働く人が辞めていくのか?
なぜ、離職率が高いのか?

 

 

なぜ、働く人が定着しないのか?
その答えは、ただ一つ。

 

 

自分にとって、会社の存在価値を
見出す事が出来ないからです。

 

 

賃金は平均より高いのに、手厚い福利厚生があるのに
なぜか、
職場に活気がない、働く人が辞めていく、定着しない。

 

 

そんな会社ってありますよね。

 

 

反対に、
賃金は普通なのに、福利厚生も平均並みなのに、
離職率が低く、働く人が辞めていかない、
生き生きと働いている。

 

 

そんな会社ってありますよね。
この2つの会社の違いは、たった1つです。

 

 

それは、
働く人が会社に存在価値を見出しているか、
いないかの違いなのです。

 

 

働く人、一人ひとり、
会社に求めるものが違います。

 

 

求めるものは、高い賃金かもしれませんし、
手厚い福利厚生かもしれません。

 

 

または、働く環境かもしれませんし、
働きやすさや人間関係かもしれません。

 

 

なので、
会社の存在価値を認めてもらう為には、
何が必要なのか一概には言えないのです。

 

 

ただ一つ言えることは、
自分の人生や生活の為に必要な事を
与えてくれる会社が選ばれると言うことです。

 

 

一昔前までは、大手企業に勤めていれば、
一生、安定して生活には、
困らないものを与えてくれると言う
神話的なものがありました。

 

 

それが、今では崩壊しています。

 

 

その結果、働く人は
「会社は、自分の人生・生活を安定させ、
充実させる為に何をしてくれるのか?」
と言う問いの答えを求めています。

 

 

だだし、求めている答えは、
高い賃金でもなく、
手厚い福利厚生でもありません。

 

 

なぜなら、
人生100年と言われる時代です。

 

 

50歳になっても、人生の半分を終わったところです。

 

 

ただ、一般の会社においての
全盛期は4分の3が過ぎてしまっています。

 

 

そうなると、
残りの半分の人生を過ごすためには、
自分の能力で生きていかなくてはなりません。

 

 

そのためには、会社員時代に
「何を学び、何を身に付け、
どのような経験をし、何が出来るのか」
がとても重要になってきます。

 

 

毎日、
ルーティンワーク的な仕事の繰り返しでは定年後、
「自分には何ができるか」、「何をしたいのか」が
まったく分からず、
自分の人生を無意味に過ごしてしまう可能性があります。

 

 

 

最悪、年金だけでは生活費が足りず、
生活困難になりかねません。

 

 

また、
日々の生活に張り合いもやる事もなく、
ボー過ごしてしまいボケてしまう可能性もあります。

 

 

逆に会社時代において、様々なことを学び、
いろいろなスキルを身につけ、いろいろな経験をする事で、
知識やスキルを身に付けたことにより、
出来ることが広がっていきます。

 

 

そうなると、会社を定年しても、
自分の人生の生き方や方向性に迷いがなく、
第二の人生を活き活きと送ることができます。

 

 

 

会社員時代に、
「会社が自分に対して、
何をしてくれたか、何を与えてくれたか」
によって、定年後の人生設計が変わってくるのです。

 

 

そのために働く人は、自分にとって会社は、
どのような存在価値があるかを見定めているのです。

 

 

 

そして働く人は、
自分の人生にプラスになる事を
与えてくれる会社に価値を見出すのです。

 

 

会社が、
自分の人生にプラスになる事を与えてくれれば、
自分にとって会社の存在価値が高くなり、
居続ける事を望むでしょう。

 

 

 

逆に、何も与えてくれない会社に対しては、
自分にとっての存在価値を感じられず、
辞めることに躊躇はないでしょう。

 

 


新人のミスが多い、 仕事を覚えてくれないイライラやストレスが溜まるそんなあなたへ チェック・ザ・アドバイス

新人教育での当てはまる項目にチェックを入れてもらえば、
メールでアドバイスをお送りましす。

 


 


コメントを残す