その褒め方、お世辞と受け止められていませんか?

いつもブログを読んでくださり
ありがとうございます。

 

仕事の教え方をサポートしています
仕事の教え方コーチ 吉岡 晃です。

 

top-taitoru6

 

イベント情報

 

 高野さん講演会画像

10月3日
第一回 リッツ・カールトンホテル元日本支社長 高野登講演会
「人生を成功・充実させる言葉の力 ~ 一流の人達が活用している言葉 ~」」
詳しくはこちら

 

本文はここからです

その褒め方、お世辞と受け止められていませんか?

 

 

漠然と褒めるのではなく、

相手に当てはまる相手の心に響く言葉で

褒める必要があります。

 

 

具体性がない褒められ方は、

それを言われた側としては、

単なるお世辞や社交辞令と

受け止められてしまう可能性もあります。

 

 

そのためにも、

具体的に褒める必要があるのです。

 

 

具体的に相手のことを褒めるためには、

相手のことをしっかりと見ている必要があります。

 

 

あなたは、褒める相手の行動を

ちゃんと見てから褒めていますか?

 

 

 

人は自分のペースで

少しずつ成長しているものです。

 

 

あなた自身も、

上司やリーダーに言われたペースで

成長していますか?

 

違いますよね?

 

 

ただ、そのペースが周りの人たちより遅かったりすると、

仕事を教える立場としては、

何か物足りない、いつまでたっても仕事ができないと

思い込んでしまう事があると思うのです。

 

 

これは、

子供の成長を心配する母親を同じだと思います。

 

 

隣の子は、

喋りだした、立ち上がって歩き出した、

なのにうちの子は、まだ、話もしない、

やっと立ち上がった、

このままで、大丈夫なのだろうかと。

 

 

そんな心配をよそに、

たいがいは、子供は成長していくものです。

 

 

ただ、成長のペースが

他の子と違うだけなのです。

 

 

話しを戻して、

仕事を教えている相手の成長を

感じられないと思ったら、

少しだけ普段見ている視点を

変えてみませんか?

 

 

あなたが、見ていない部分で

成長している可能性があります。

 

 

 

 

もし、自分なりに毎日がんばって、

成長していると実感をしていたとしても、

上司やリーダーからダメ出しばかりを

言われていたらどう感じますか?

 

 

それでも、

頑張ろうという気持ちになりますか?

 

 

たいがいは、

自分の頑張りは認められない、

頑張ってもムダだ、と思って、頑張るのをやめてしまい、

さらに仕事が出来なくなり、仕事に対して苦手意識が生まれ、

上司やリーダーを避けるようになり、

会社を辞めるという選択をする可能性もあります。

 

 

そして一番多いのが、

仕事の頑張りは認められないのに、

仕事のミスや失敗は、具体的に注意され、自信を失い、

自己否定のスパイラルに入ってしまう事もあると思うのです。

 

 

それは、上司やリーダーの優先順位が、

教えている人の成長ではなく、

ミスや失敗をしない仕事をするという

一点に集中しているからだと思うのです。

 

 

ミスや失敗をいかに見つけるか、

見逃さないか、部下の行動に目を光らさせているから、

具体的な指摘が出来るのだと思うのです。

 

だから、

相手がどんなに頑張ろうとも、

目に入らないのだと思うのです。

 

 

 

 

では、褒める場合は、どうでしょうか?

 

 

ミスや失敗の発見に集中している上司やリーダーに、

相手の良い所、褒める所は見えているでしょうか?、

 

 

人は、自分の見たいものは見えますが、

気にしていないものは、多々見過ごしてしまいます。

 

 

ましてや具体的に褒めるとなると、

何がどう出来ているのかをしっかりと伝える必要があります。

 

そのために必要なのは、相手に興味や関心を持って、

良いところ、褒めるところを見ようとしなくてはいけません。

 

 

褒めようと思って、相手の行動を見ることで

普段気づけない事に気づくことが多いのではないかと思うのです。

 

 

 

 

 

人によっては、

教えたのだから出来て当然という考え方を

持っている人もいる事でしょう。

 

 

それでは、

言われた事しか覚えようとしないと思うのです。

 

 

誰しも褒められると嬉しいものですよね。


ただ、

それがお世辞だったり社交辞令とわかってしまうと、

右から左へと聞き流してしまいます。

 

 

そうならないためにも、

相手の心に響いて、感じてもらえる言葉で

褒める必要があると思うのです。

 

top-taitoru6

仕事の教え方でお悩みの
経営者・中間管理職・職場のリーダーの方を対象にプロフィール写真3-3

セッションメニューをご用意しております。

「セッションメニュー」

  • オリエンテーション(セッションなどの説明)

  • 無料体験セッション

  • 教え方改善セッション(三ヶ月契約)

  • 仕事を教える為の自己改善セッション(一年契約・三ヶ月更新)

詳しくは、コンテンツ「セッションメニュー」をご覧ください。

 

セッションに関する
お問い合わせもお待ちしております。

お気軽にしてくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

 

top-taitoru6

 

仕事の教え方に悩んでいる
経営者・中間管理職・職場のリーダーをサポートしています。


アクティーズ・ジャパン
仕事の教え方コーチ  吉岡 晃

携帯番号:080-4306-4170

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka

 


コメントを残す