改善案の質を上げる為に必要なこと

倉庫現場作業者リーダーを 人材から人財へ

改善案の提出者に対して、
定期的に表彰などをしている職場が多いと思います。

場合によっては、
商品券などを渡す場合もあると思います。

実際、以前働いた大手企業では、
少額ですがクォカードを渡していました。

では、その改善案は、
実際、仕事にどのような影響を与えているのでしょうか?

アイディア出しやブレストのように
数多くの案を出しただけでは改善においては無意味です。

また、大手企業の倉庫現場においては、
当たり前に行われている事が改善案として出される場合もあります。

これが何を意味するかと言えば、
その倉庫現場のレベルの低さを示しています。

その事に気づいているか、
どうかで改善案に対する指導の仕方も変わってきます。

もちろん、
改善案を出す事は、自発的に考えさせる為には有効です。

また、仕事に対して自信を持たせ、自己肯定感を高め、
仕事に対するやりがいを感じさせる為にも有能です。

ただし、低いレベルで行なっていては意味ありません。

その為、他の倉庫現場では、
当たり前に行なっている事は、
教育の段階でしっかりと伝え、教えておく必要があります。

では、しっかりと教える為には、何が必要か?

それは、仕事を教える人の
知識と経験、学習意欲と向上心なのです。

仕事を教える人の知識レベルが低くては、
教えるレベルも低くなってしまいます。

そうしない為にも、
仕事を教える人のレベルを高める必要があります。

学習意欲や向上心のある人であれば、
自発的に様々なことを学びます。

ただ倉庫の現場作業者においては、そういった人はごく少数です。

なので、常に目標を設定して、
ある程度のプレッシャーを与えておく必要があります。

そのために行うのが人財教育なのです。

あなたの倉庫現場の指導者に対して、
どのような人財育成をしていますか?

お問い合わせは こちらをクリックしてください

物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す