自分の将来のビジョンを持っていることで 今自分に必要なものと 3年後、5年後に必要なものが見えてきます。

今の時代、
どの工場もかなり老朽化が進んでいます。

以前働いていた、職場の倉庫もかなり老朽化が進み、
定期的にメンテナンスをしても
2~3ヶ月に一度は、調子が悪くなっていました。

しかも、その設備は、倉庫の中心部なので、
設備自体を変えることがとても難しかったりします。

将来的に設備を交換する事を考えていれば
設備投資も柔軟に行う事が
出来たのではないかと思ったりします。

では、人はどうでしょうか?

設備投資とは、
自己投資と同じだと思います。

時代や仕事の状況に応じて、
自己投資をして柔軟に出来る人と
そうでない人がいるのではないかと思います。

自己投資を柔軟に出来る人とは、
どんな人でしょうか?

私の考えでは、
常に先を先を考えるのと同時に
自分の将来のビジョンを
しっかりと持っている人ではないかと思います。

自分の将来のビジョンを持っていることで
今自分に必要なものと
3年後、5年後に必要なものが見えてきます。

そうすると、必要な時になれば
必要なものを手に入れる為の行動をすることが
出来るようになります。

今の自分に必要なことを知るためには、
何が必要だと思いますか?

私の答えは、
将来の自分のビジョンです。

今の自分の先に
将来の自分があります。

だからこそ、
将来のビジョンが必要なのです。

新しいチェック診断始めました。
「やりがいを感じる仕事へ転職したいあなたの為のチェック診断」
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/893

「40歳からの理想の生き方・仕事を手に入れることが出来るか診断」

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/890

 

メルマガ

気づきの一言の購読申し込みはこちら

35歳からの仕事のやる気UPメールの購読申し込みはこちら

 

YouTube動画チャンネル: https://www.youtube.com/user/akutsj


コメントを残す