仕事の規則やルールを守らせるには?


%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc%e4%b8%8a

敷居

 

会社では、

規則やルールを守ろうと、

耳にタコができるほ聞かされていると思います。

 

それでも、

守れない場合が多々あると思うのです。

 

守れないことで

大きなミスや重大な事故に

発展することもあったりします。

 

そのことが分

会社では、

規則やルールを守ろうと、

耳にタコができるほ聞かされていると思います。

 

それでも、

守れない場合が多々あると思うのです。

 

守れないことで

大きなミスや重大な事故に

発展することもあったりします。

 

そのことが分かっているにもかかわらず、

なぜ守られないのでしょうか?

 

あなたは、

なぜだと思いますか?

 

必要性を感じないから?

 

自分は、大丈夫だと思い込んでいるから?

 

守れない大きな原因は、

規則やルールを守りながら、

仕事の生産性アップや効率化を

求められるからではないでしょうか?

 

ルールや規則を守ると多くの場合、

仕事の手順が増えたりして、

生産性や効率に影響を与えることあると思います。

 

だからみんな、

これぐらいはいいだろうと言う判断で、

ルールや規則を守らなかったり、

軽視をしたりすると思うのです。

 

そして重大なミスや事故が起こると、

職場のリーダーや管理職は、

なぜルールや規則を守らなかったのかと、

問いただしてきます。

 

その反面、

毎日の仕事において生産性のアップ・効率のアップを

促す発言や指示をしていたりします。

 

勤続年数が長いと、

仕事のコツや妥協点がだんだん分かってきて、

ある程度ルールや規則を守る範囲が

分かってくると思うのです。

 

問題なのは、

勤続年数が短い1年目や2年目だと思うのです。

 

新卒の人にあれば、

仕事が遅くてもまだ何も言われないと思うのです。

 

ただし、

転職者であったり、

ある程度経験を持っている

派遣社員の場合はどうでしょうか?

 

今まで、どんな仕事であれ、

社会人として、仕事を行ってきた経験を持っている、

実績を持っているという先入観があり、

ルールや規則の厳守と同時に、

生産性や効率も求めてくると思うのです。

 

どんなにその仕事に慣れていなくても、

求めてくる場合が多々あったりすると思うのです。

 

そしてミスなどをすると、

何故ルールや規則を

守らなかったのかと問いただしてきます。

 

仕事に慣れていないのに、

規則・ルールと生産性・効率の板挟みになるのです。

 

仕事を教える人は、

その事を分かっているのでしょうか?

 

規則・ルールの厳守と仕事の生産性アップ・効率化。

 

もちろん、

両方とも大切です。

 

大切ですが、

優先順位を考えた場合、どちらが最優先なのか、

その事まで深く考えていないのではないかと思うのです。

 

役職が上がると、

自然と現場から距離が離れ、

規則・ルールと生産性・効率化の両立する為の

理想論を言い出したりすると思うのです。

 

そして、

現場では、「そんなのは無理だよ」と

言ってのけるが現実だと思うのです。

 

そして、何も変わらない日々が続いて、

ミスや事故も無くならないのではないかと思うのです。

 

規則やルールを守りながら、

同時に生産性アップ・効率化を求めるというのは、

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

という事になるのではないかと思うのです。

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

【意味】

二兎を追う者は一兎をも得ずとは、

欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、

結局はどちらも失敗することのたとえ。」

 

少なくとも、

勤続年数が3年未満の人に対しては、

規則・ルールの厳守を最優先にさせる

必要があるのではないかと思うのです。

 

そして、3年以上5年未満の人に対しては、

規則・ルールを厳守させながら、

少しづつ仕事の生産性アップ・効率化をさせるように

指導していくのがいいのではないかと思うのです。

 

勤続年数が5年以上になれば、

規則・ルールの厳守は当然として、

仕事の生産性アップ・効率化が出来るように

仕事の指導をしていく必要があると思うのです。

 

ただ、今の時代、

そんなにのんびり仕事を教える時間が無い!

と言われるかもしれないけど、

一人前の仕事が出来る人財を育成するのは

時間が必要なものだと思うのです。

 

山本五十六氏の

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

という言葉にあるように、

人が成長するには、時間が必要なんですよね。

 

 

仕事を教える人にこそ、

教えている相手が成長する時間を

楽しみながら待てる

心の余裕が必要なのでないかと思うのです。

 

 
 top-taitoru6
 

アクティーズ・ジャパン

自分創りコーチ  吉岡 晃

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka

セッションに関するお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせフォームはこちら

 

 
 

 


コメントを残す