声掛けの真価:安全意識を高める戦略

仕事の現場で「声掛け」はよく耳にする表現です。

しかし、「声掛け」の本質的な役割と
その価値を理解している人はどれほどいるでしょうか?

私の見解として、
「声掛け」は、周りに対する注意喚起を与える行為ではありません。

それ以上の深い意味があると私は考えています。

それは自己への注意喚起であり、
気持ちをリセットし、
専念状態を取り戻すためのツールなのです。

我々人間は、
自分が興味を持つことだけに目を向ける傾向があります。

つまり、自分が無関心である事項に対しては、
たとえそれが自分の目の前にあっても、
しばしば見逃してしまいます。

それが人間の認知の特性です。

しかし、「声掛け」によって、
見るべきポイントや重要な事項についての
意識を引き出すことが可能となります。

そうは言っても、
「声掛け」を行うだけが解決策というわけではなく、
その実施の背後にある目的と意義を理解することが重要です。

特に、フォークリフトの操作と
作業者の動線が交錯する倉庫の現場では、
この認識は必須と言えます。

その一方で、中小規模の倉庫では、
フォークリフトと作業者に対する
安全ルールが適切に徹底されていない場面を見たりします。

「今まで事故が起きなかったから大丈夫」
という楽観的な思考がルールの厳格な遵守を
妨げる要因となっています。

しかし、安全ルールの存在理由を再認識するべきです。

それは我々が働く現場を安全にし、
作業者一人ひとりが安心して任務に取り組むための
環境を作り上げることを目指しているからです。

したがって、安全ルールを緩めることは、
絶対に許されない行為なのです。

声掛けとルール遵守の意識を育むことで、
我々は働く現場をより安全で、
そしてより効率的な場所に変えることができます。

それが私たち一人ひとりの任務であり、
責任であると考えています。

結論
声掛けは、作業者が自分自身に注意を促し、
慣れによる緩みを予防するための一つの方法です。

しかし、倉庫作業の安全性はそれだけに
依存するべきではありません。

デジタル化、自動化の力を借りることで、
作業現場の安全性をさらに強化することが可能です。

倉庫作業は単なる労働ではなく、
技術とプロフェッショナルスキルが必要とされる
価値ある仕事と位置づけるために、
我々は技術の進化を活用して、
作業の安全性と効率性を高めるべきです。

お問い合わせは こちらをクリックしてください

物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す