2024年物流問題、chatGPTによる疑似討論会パート1

chatGPT4で2024年物流問題について議論をしてみました。

参加メンバーは、私と大手製造メーカーの役員1人、大手物流企業の役員1人、ドラックストアー企業役員1人、ホームセンター企業役員1人、物流工学の有識者2人のペルソナを考えてもらい、私が進行役のファシリテーター役を行いました。

議論を行ううちに、最初に考えてもらったペルソナ以外に、なぜ、どんどん登場人物が増えていくんですよね。

それは良いとして、話を進めていくうちに2024年物流問題を根本的に解決すには、中小零細の会社の成長を大手や荷主がサポートして、物流業界全体の底上げをしていくという結論に達しました。

これって、今言われているドライバー対策とは、根本的に視点が違うのではないかと考えます。

輸送能力が三割り落ちると言われ、その対策でドライバー不足の解消の為の対策や共同輸送と言った協働が言われているのに対して、中小零細の会社自体を成長させる為のサポートに焦点を当てる結論。

これは、自由競争においては、考え方と言うか、方向性としては、なかなか出てこない結論ではないかと思うのです。

私が、このような結論に仕向けたのではなく、議論の流れを私なりに踏まえて、質問をしながらこのような結果に至りました。

議論の内容は長いので、今回は、議論の内容をchatGPTで要約したりしたものを下記に示します。

討論会レポート

タイトル: 2024年物流問題に対する多角的議論とその解決への道筋

2024年物流問題についての多角的議論が行われた。

参加者は大手製造メーカー役員の中村真一、大手物流企業役員の山本恵理子、ドラックストアー企業役員の川端修司、ホームセンター企業役員の佐藤克彦、物流工学の有識者田村明彦と中島和子、そして2次下請けの運送会社社長原田透、3次下請けの運送会社社長吉川健一であった。

この議論では、物流問題の主な要因としてトラックドライバーの不足と労働時間規制による運搬能力の低下が挙げられた。

しかし、参加者たちは、ドライバー不足だけが問題ではなく、在庫管理や物流のデジタル化などの先進的な設備やシステムの導入とその活用も重要な要素であると強調した。

この議論から明らかになったのは、大手企業は必要なリソースを持っているが、中小零細の物流企業や運送会社にはそのようなリソースがないという現実である。

加えて、中小企業が直面しているもう一つの課題として、多重下請け構造の解消が必要であるとの意見が出た。

その解決策として、直接的な取引や協力関係の構築が提案された。

しかし、その実現には大手企業と中小企業の双方からの積極的な取り組みが必要であり、それは短期的な利益追求ではなく、長期的なビジネスモデルの構築という視点が必要であるとの意見が多数出た。

その後、議論は中小企業のサポートに焦点を当て、具体的な支援方法とその対象を探求した。

サポートすべき中小企業の特徴としては、経営の透明性、技術的な柔軟性、および継続的な改善と成長の意欲が挙げられ

た。これに対し、短期的な利益重視の企業は支援から外されるべきであるとの意見も出た。

一方で、参加者は、中小企業が新しいビジネスモデルを考えるだけの知識や知恵、リソースがないこと、そして労働時間規制と人手不足による厳しい状況が中小零細の運送会社、物流会社を苦しめていることを認識していた。

この議論から、物流業界全体と荷主が中小企業の育成を積極的にサポートすることが、2024年物流問題を解決する最善の方法という結論に至った。

サポートする中小企業の選定は慎重に行われ、その対象は透明性、柔軟性、そして成長の意欲を持つ企業に限定されるべきである。

最終的に、この議論は物流問題に対する深い理解をもたらし、その解決への実践的なステップを明確にした。

その結果、参加者たちは、物流問題は単一の要素だけでなく、業界全体の改善と協力によって解決されるべき複雑な問題であるとの共通認識を得た。

要点

この討論会では、2024年の物流問題について様々な視点から意見が交わされました。

以下にその要点をまとめてみます。

  1. ドライバー不足と労働時間規制:多くの物流問題がドライバー不足に起因するという視点がありましたが、それだけでは物流問題を解決できないという意見が多かった。労働時間規制による運搬能力の低下も大きな課題と認識されていました。
  2. 物流のデジタル化と高度化:デジタル化やデータ分析、新しいテクノロジーの導入による物流の高度化が必要であるとの意見が出されました。しかし、中小零細企業がこれらを導入する際の困難さも強調されました。
  3. 中小零細企業の現状と支援:中小零細企業が抱える課題が深堀りされ、大手企業や荷主からのサポートが必要であるという意見が多く出されました。
  4. 多重下請け構造の解消:多重下請け構造は、中小企業にとって厳しい状況を生み出しており、解消する必要があるという意見が出されました。
  5. 人材育成:新しいビジネスモデルを考え、実践するための人材育成が不可欠であるとの意見が多く出されました。
  6. サポート対象の選定:中小企業の中でも、将来性や改善意欲がある企業を優先的にサポートするべきだという意見が出されました。

以上の点を鑑みると、物流問題の解決には多角的なアプローチが必要であり、それぞれのステークホルダーが協力して取り組む必要があるという結論に至りました。

サポートするべき中小企業の具体的な指標

指標説明
経営理念・ビジョン企業が持続可能な成長を目指しているか、長期的なビジョンを持っているか
意欲と努力企業やその経営者が自社を成長させるための意欲や努力を見せているか
財務健全性企業の財務状況が安定しており、適切な財務管理がされているか
技術力と知識企業が必要な技術力や知識を持っているか、または習得する意欲があるか
人材育成と教育企業が自社の人材を育成し、教育に取り組んでいるか
コンプライアンス法規制を遵守し、適切な業務運営が行われているか
改革意欲企業が新しいビジネスモデルを探求し、変化に対応する意欲があるか

より詳細な評価を行うための追加の指標はあります。
以下に追加の指標を示します。

指標説明
顧客満足度顧客からの評価やフィードバックが高いか
業績の安定性過去数年間の業績が安定しているか、成長しているか
市場ニーズへの対応力市場の変化に対応し、顧客のニーズに対応する能力があるか
業務効率化の取組み業務効率化や生産性向上の取り組みがあるか
環境対応環境問題に対する配慮や取り組みがあるか
リスク管理危機管理やリスク対策の体制が整っているか
イノベーションの取組み新たなアイデアや技術の導入に積極的か
社員の満足度社員の満足度が高く、働きがいのある環境を提供しているか

もう少し深堀りし、更なる指標を示します。

指標説明
デジタル化への対応力新しいテクノロジーやデジタルツールの導入に対する積極性や能力
パートナーシップ他の企業や組織との協力関係を築く能力
サプライチェーンの透明性サプライチェーンの透明性を確保し、責任ある調達を実践しているか
エシカルな経営公正なビジネス実践と社会的責任を果たしているか
持続可能な業績成長長期的な視点で業績成長を目指しているか
適応性と柔軟性変化に対する適応力と迅速な対応能力
ブランド価値と評判市場や顧客からの信頼度や評判
事業継続計画災害や危機発生時における事業継続計画の有無
地域貢献地域社会への貢献活動やCSR活動
社会的影響事業活動が社会全体にどのような影響をもたらしているか

物流業界で中小企業を支援する際の指標の重要度は、業界の特性、地域の特性、個々の企業の戦略や能力、そして何よりもその企業が直面している具体的な問題や課題に大きく依存します。

したがって、一概には決められませんが、物流業界における一般的な観点から、次のように整理することができます。

それを踏まえて、以下のように指標を更新します:

  1. 作業品質と安全性 – 作業の品質と安全性を維持・改善する能力は、信頼性とサービスの品質を保証します。これは事故や遅延を防ぎ、顧客満足度を高めるために最も重要な要素となります。
  2. 適応性と柔軟性 – 変化に対応し、迅速に対策を打てる企業は強みを持つことができます。
  3. デジタル化への対応力 – デジタル化やテクノロジーの導入は物流業界における効率化や生産性向上に直結します。
  4. 持続可能な業績成長 – 長期的な視点で業績成長を目指す企業は安定性があり、信頼性が高いです。
  5. サプライチェーンの透明性 – グローバル化が進む中、サプライチェーンの透明性は品質管理やリスク管理に直結します。
  6. 顧客満足度 – 顧客からの評価やフィードバックが高い企業は、そのサービスが市場に受け入れられている証です。
  7. 事業継続計画 – 災害や危機発生時における事業継続計画の有無は、企業のリスク対策の一環として重要です。
  8. パートナーシップ – 他の企業や組織との協力関係を築く能力は、新たなビジネスチャンスを創出する可能性があります。

以上の内容を見て、どうでしょうか?

サポートすべき具体的な企業の指標の内容を見るに、経営者としての技量を試されている気がします。

逆にこれぐらいの事を考えないと、大手企業とは対等になれないのではないかと考えます。

2024年物流問題。

中小零細の物流企業は、成長出来るか、出来ないか、それも同時に試されているのではないかと考えます。

場合によては、事業の縮小、人員削減、業態の変更なども視野に入れて、柔軟に対応する事が求められる時代。

経営者もそうですが、従業員も、会社の変化に対応出来るだけの準備をしておく必要があるのではないかと考えます。


物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す