部下目線によるルール・規則の守らせ方



 

会社の職場のリーダー以上であれば、さまざまなミスや失敗を経験する事で、ルール・規則を守る必然性を肌で感じています。

その肌感覚を新人や経験が浅い部下に感じろというには無理な部分があります。

無理だからこそ、ルール・規則を守る必然性を感じさせる為に、さまざまな視点や事例で伝える必要があります。

ルール・規則を守らせる為には、なぜ、ルール・規則が出来たミスや失敗の事例、根拠や理由を具体的に教える事が必要です。

そして、ミスや失敗は身近なものと感じさせる事も必要です。

ミス・失敗の原因を説明する際、専門用語を使うのであれば、新人でも分かるように用語の説明、特別な作業が関わっているのであれば、その作業の内容も分かりやすく説明する必要があります。

家電製品などには、注意書きが事細かに書かれています。

それも、誰が見ても分かりやすく、図で示されている場合もあります。

家電製品は、誰が使うか想定外難しく、誰もが使う可能性があるからです。

それを考えた場合、職場におけるルール・規則は、誰に守らせたいかが明確なので事細かに書く必要はありません。

ただ、仕事の内容によっては、専門用語でしか表現できなかったり、特別な手順がミスや失敗の原因になる事もあります。

例えば、あるシステムを立ち上げる手順として、Aという電源を入れてから、Bという電源を入れないとシステムエラーを起こすとします。

また、機械の関係・システムの関係で、この手順を変える事が出来ないとします。

この場合、システムエラーを起こす原因を分かりやすく教えるだけでなく、システムエラーを起こし場合、解除する為に必要な手順を教える必要があります。

そして、システムエラーを解除する為に専門の人がいる場合 、 周りへの影響もしっかりと教える必要があります。

最近のシステムは、LANシステムにより社内ネットワークが構築されています。

その結果、さまざまなモノが緻密に関連していて、1つのシステムエラーが、他のシステムに影響を与えたり、作業に影響を与える場合が多々あります。

その為、1つのシステムエラーが、他にどんな影響を与えるか伝えておく必要があります。

新人の頃は、自分の部署と他の部署との関わり合いや社内ネットワークを理解出来ていませ。

だからこそ、1つのシステムエラーによる危険性を伝える事で、ルール・規則を守る必要性を文章という表面的なものに終わらせず、現実的なものに感じさせる事が出来ます。

新人の頃は、ルール・規則を教えられても、実感がわかないものです。

なぜ、実感がわかないのか?

それは、現実味がないからです。

実際に仕事を行う事で、初めて仕事とルール・規則が結びつくのです。

結びつかない限り、紙に書かれた文章に過ぎず、無意識に他人事と感じてしまっているのです。

そして、自分でミスや失敗をする事で、初めて紙に書かれた文章から、現実へと結びつき、ルール・規則を守る意識が生まれるのです。

身近な例をあげれば、車の運転です。

交通ルールは守るべきものと分かっていても、事故を起こすまでは、無意識的に自分は大丈夫という意識が多かれ少なかれ働いています。

そして、事故を起こした瞬間に、交通ルールは守るべきものという強く意識するようになります。

会社の職場のリーダー以上であれば、さまざまなミスや失敗を経験する事で、ルール・規則を守る必然性を肌で感じています。

その肌感覚を新人や経験が浅い部下に感じろというには無理な部分があります。

無理だからこそ、ルール・規則を守る必然性を感じさせる為に、さまざまな視点や事例で伝える必要があります。

部下目線によるルール・規則を守らせる為には、部下の経験を考慮して、ルール・規則を守らない場合の危険性を具体的に伝える必要があります。


コメントを残す