言葉こそ、人生を創る鍵となる

いつもブログを読んでくださり
ありがとうございます。

 

仕事の教え方をサポートしています
仕事の教え方コーチ 吉岡 晃です。

「考えることに注意しなさい。
それは言葉になるから。

 

言葉に注意しなさい。
それは行動になるから。

 

行動に注意しなさい。
それは習慣になるから。

 

習慣に注意しなさい。
それは性格になるから。

 

性格に注意しなさい。
それがあなたの運命になるから。」

 

という孔子の言葉があります。

 

 

そして、
「思いを言葉に、言葉を行動に。」
という高野 登さんの言葉があります。

 

 

まさに、『言葉』がポイントだと思うのです。

 

 

なぜ、「言葉」がポイントなんでしょうね?

アファメーションという事を知っているでしょうか?

 

なりたい自分、実現したい事を
現在進行形の言葉にして表現し、
無意識レベルに訴えかけ、
無意識に行動を起こさせ実現させる方法です。

 

孔子の言葉は、
アファメーションの事を
言っているのではないかと思います。

 

 

良くも悪くも考えた事が言葉にすることで、
言葉が行動を創り、行動が習慣化して、
行動が習慣化することで、行動の選択も決まり、
生き方が決まってしまうのではないかと思うのです。

 

 

なぜ、言葉に、
それほどまでの力があるのでしょうか?

 

 

その答えは、「言霊」にあるのではないかと思うのです。

 

 

昔から言葉には、
発した言葉を実現する不思議な力があるとされてきました。

 

 

それが言霊の力であり、
その力を利用したのが、アファメーションだと思うのです。

 

もちろん、
そんな力は信じないという人も多いと思います。

 


それでも、その言葉の力を利用して、

夢を実現した人はた、たくさんいます。

 

有名なのが、本田宗一郎氏です。

静岡県浜松市の片田舎で町工場をやっている時から、
ミカン箱にのって世界一になると
公言していたことは有名なことです。

 

そして、その公言通り、
F-1で世界一になりました。

 

宗一郎氏には、
天才的なモノづくりの才能がありましたが
それだけで、世界一になることが出来たでしょうか?

 

答えは、否です。

なぜなら、
会社の経営は、それほど甘いものではないからです。

 

それでも、世界一になれました。

 

世界一になれた理由は、
周りの人達に夢を語って、多く人達を引き付け、
巻き込んむことが出来たからだと思うのです。

 

そのために活用したのが言葉の力だと思うのです。

 

夢を言葉として、発しなかったら、
その夢のことを誰も知ることも出来なければ
協力をしてくれる人達と出会うことは出来ません。

 

宗一郎氏が夢を実現出来たのは、
藤沢 武夫氏の協力があったからこそです。

 

もし、藤沢氏の協力が無ければ、
宗一郎氏の夢は、実現が出来なかったかもしれません。

 

藤沢氏が、宗一郎氏を手伝おうと思った理由は、

 

”私は戦前から、誰かをとっつかまえて、
一緒に組んで自分の思い通りの人生を
やってみたいと思っていました。

 

その場合には、私はお金をつくって物を売る。

 

そして、
その金は相手の希望しないことには一切使わない。

 

なぜならば、
その人を面白くさせなければ
仕事はできないに決まっているからです。

 

大きな夢を持っている人の、
その夢を実現する橋が作れればいい。

 

いまは儲からなくても、
とにかく橋をかけることができればいい。

 

物価が倍々と上がってゆくような、戦後のインフレ時代で、
多少持っていた戦前からのお金もどんどん消えていく現状だったが、
でも私は、自分の一生を賭けて、持っていた夢をその人と

一緒に実現したいという気持ちだった。

 

そこから私はスタートしたんです。”(”経営に終わりはない”より)


という夢があったからではないかと思うのです。

とはいえ、
宗一郎氏が自分の夢を言葉にして公にしていなかったら、
藤沢氏は、宗一郎氏を手伝おうと思ったでしょうか?

 

なにより、
宗一郎氏と藤沢氏を繋げる事となる竹島 弘氏は、
藤沢氏に宗一郎氏を紹介したでしょうか?

 

まさに、
言葉が人と人を繋げ、夢を実現した実例だと思うのです。

 

 

今の時代、
普通の人もSNSや動画による自己表現が一般化しています。

 

という事は、
昔に比べて言葉の力を身近に感じることが
出来るのではないかと思うのです。

 

私の場合は、
リッツ・カールトンホテル 元日本社長 高野 登さんと
繋がる事が出来たのもある意味、
言葉の力によるものではないかと思うのです。

 

高野さんとは、
年に1~2回の講演会でお会いする以外接点がありませんでしたが、
フェイスブックのコメントを通じて、繋がりを太くすることが出来ました。

 

 

これも、一種の言葉の力ではないかと思うのです。

 

そんな経緯もあって、
講演会を主催することが出来たのではないかと思うのです。

 

ただし、言葉にも感情がこもっていないと、
ただの文章に過ぎないと思うのです。

 

感情が込められているからこそ、
その言葉が言霊に昇華するのではないかと思うのです。

 

top-taitoru6

 

イベント情報

 

10月3日
第一回 リッツ・カールトンホテル元日本支社長 高野登講演会
「人生を成功・充実させる言葉の力 ~ 一流の人達が活用している言葉 ~」」
詳しくはこちら

 

top-taitoru6

 

無料ステップメールをご用意しています。
お気軽にお読みください。

 

top-taitoru6

仕事の教え方でお悩みの経営者・中間管理職・職場のリーダーの方を対象に
セッションメニューをご用意しております。

「セッションメニュー」

  • オリエンテーション(セッションなどの説明)

  • 仕事の教え方振り返りセッション(単発(一回限り)・三ヶ月契約)

  • 仕事の価値観発見セッション(単発(一回限り)

  • 「あなたから仕事を教わりたい!」と思わせるセッション(三ヶ月契約)

詳しくは、コンテンツ「セッションメニュー」をご覧ください。

 

セッションに関するお問い合わせもお待ちしております。

お気軽にしてくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

 

top-taitoru6

 

仕事の教え方に悩んでいる
経営者・中間管理職・職場のリーダーをサポートしています。

アクティーズ・ジャパン
仕事の教え方コーチ  吉岡 晃

携帯番号:080-4306-4170

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka


コメントを残す