絆を壊す勇気がありますか?

「東日本大震災で「絆」がクローズアップされました。

ただ、

 

絆の語源を考えると、絆を壊す勇気を持つ必要があるのです。

絆の語源・由来は、

犬・馬・鷹などの家畜を、通りがかりの立木につないでおくための綱だそうです

また、しがらみ、呪縛、束縛の意味に使われていたそうです。

または、「ほだし」、「ほだす」ともいう。

そして、 人と人との結びつき、

支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近だそうです。

お互いを助け合う絆は、確かに素晴らしいです。

その素晴らしい絆は、

今の時代、諸刃の剣になってしまっているのです。

強い絆が、パラサイト・シングルを生み、

会社にしがみつく正社員を生み出したのではないでしょうか?

そして、師弟関係においては、

師匠の言われること守り、師匠と同じ頂きを目指してしまうのです。

基本を守り、応用は出来ても、

新しいものを生み出す事は出来ないのです。

いつまでも慣れ親しんだ環境や友人関係に甘んじていては、

新しい自分との出会いや自己成長の障害になってしまうのです。

自分の強みを伸ばすことで、

それまでの絆を切る必要が出て来た時には、

切る勇気をもてますか?」

 

メルマガ登録は⇒メルマガ「気づきの一言」

rogo111rogo 2

rogo 4rogo 3

rogo 1


コメントを残す