目で見えることで、 自分がどんなことをやりたいのか、 どんな理想を持っているのかを自覚することが出来ます。

私もそうでしたが、30代になると将来の事が不安になって、

いろいろなビジネス書を読んだり、セミナーに参加しても、

その次の行動をどうするかを決めきれず、

モヤモヤして無駄な時間を過ごしている人は

多いのではないかと思います。

リッツ・カールトンホテル元日本支社長 高野 登さんの

「思いを言葉に 言葉を行動に」という言葉ではないですけど、

考えている事を言葉にすることで、初めて行動に変化が起きます。

今だからこそ、

その言葉の意味が分かるのですが、

考えていることを話をすることで、

考えを言語化をして書き出すことで目で見えるようになります。

 

目で見えることで、

自分がどんなことをやりたいのか、

どんな理想を持っているのかを自覚することが出来ます。

自分で自覚をするからこそ、

行動をしようという気持ちが生まれてきます。

考えを言語化して、

書き出し、見える化するのは、

一人でするのは、けっこう大変です。

一人でやるのは大変ですけど、

聴き役がいるとすんなり、言語化して、

見える化することが出来ます。

 

新しいチェック診断始めました。
「やりがいを感じる仕事へ転職したいあなたの為のチェック診断」
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/893

「40歳からの理想の生き方・仕事を手に入れることが出来るか診断」

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/890

 

メルマガ

気づきの一言の購読申し込みはこちら

35歳からの仕事のやる気UPメールの購読申し込みはこちら

 

YouTube動画チャンネル: https://www.youtube.com/user/akutsj


コメントを残す