仕事を教えるのと部下を育てるとは、まったくの別物です。


敷居

目次

仕事を教えるのと部下を育てるとは、まったくの別物です。

言い換えると、仕事を教えるとは、ティーチングであり、部下を育てるとは、コーチングの部類に入ります。

 

多くの人が、仕事を教える事と部下を育てる事を同一視してしまい、結果的にいろいろと悩んでしまっているのだと思います。

 

相手の仕事の経験や実績に合わせて、ティーチングとコーチングの割り合いを変える必要があります。

 

初めから、コーチング主体で相手に接していては、仕事は上手く出来ません。

何故なら、コーチングの基本概念の1つに「答えは自分の中に持っている」というものがあるからです。

 

自分の事(生き方)に対しては、自分の価値観に問いかけ、答えを出しますから、自分の中に答えがあります。

 

ただし、自分の価値観とはまったく関係ない、仕事などの知識的なものを自分の中から答えを出そうとしても、判断材料となる知識が無くては何も出ません。

 

また、仕事に対しても、最初のうちは分からない事が分からないので、調べるにしても取っ掛かりがありません。

 

だからこそ、最初のうちはティーチングが必要なのです。

 

ティーチングを行う事で、仕事の疑問などに対する答えの種を相手の中に蒔く事が出来ます。

 

そして、その種を育てるのがコーチングの質問・承認・傾聴スキルなのです。

 

 

質問・傾聴スキルにより種を育てて、承認スキルで栄養を与え、花を咲かせる事により、相手の中に仕事に対する答えを生み出す事が出来るのです。

 

ブログ後部


物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す