作業ミスを減らす為のデジタル化の必然性と競争力の強化

作業を行う上で行った作業者が特定されないと、全体責任になって真面目にやっている作業者にとっては、とても迷惑なことであって、レッシャー も感じてしまいます。

最近は、様々な作にがデジタル機器が導入することによって、作業をする前にその機器に社員番号などを入力することによって、誰が いつ作業を行ったか、分かるようになってきています。

ところが、デジタル機器を導入しない 現場では、誰がいつどんな作業がやったかということが明確になっていません。

そのため、ミスなどが起こった場合、原因を知るための話し合いが難しくなっています。

人によっては、誰がミスをしたか ということが明確になることが、嫌だという人もいると思います。

特に 物流の現場作業においては、ちょっとした思い込みなどによって ミスが起こる場合があります。

そういったミスにおいて、なぜ、ミスをしたのかと言われても、正直、困ってしまいます。

人間ですから 誰しも、ちょっとした気の緩みや 思い込みによって ミスは起こります。

毎日、同じような作業を行っているので、100回中1回とか、500回中1回とか、そういった間隔で、ミスが起こる可能性もあります。

また、連続してミスが起こる可能性もあります。

そういったヒューマンエラーをなくすためにデジタル機器が普及してきました。

なので、デジタル機器を使っている現場においては、人の思い込みによるミスというものは、以前よりも減っています。

ただ、デジタルとはいえ正しい手順を守らず、操作をした場合はミスは起こります。

それは、また別の意味でのミス防止対策が必要となってきます。

とはいえ、デジタル機器を導入している現場と導入していない現場では、明らかにミスの内容は変わってきます。

また、作業を行う上で作業者のストレスやプレッシャーも変わってきます。

デジタル機器を導入しない現場の作業においては、自分の作業が正しいかどうかだけでなく、この商品であっているのかという確認も 目視で行う必要があります。

ところが、 デジタル機器を導入している現場においては、自分の 作業が正しいかどうかだけに集中することができます。

なぜなら、商品が合っているかは、機器が確認をしてくれるからです

これだけでも、現場作業者においては、とても助かります。

商品によっては、形状がほとんど同じで、少しだけ形が違う 、または、形状が同じで色が違う、ということがよくあるからです。

また、賞味期限がある商品においては、デジタル管理をすることによって、先入先出が正確に行われ、賞味期限違いによるミスが無くなります。

デジタル機器によるミスの防止、ミスの削減の事例は、今の時代いくらでもあります。

ところが、いまだに導入してない現場も多くあります。

なぜなら、導入するためのシステムや機器の初期投資が高額な事が理由の一つとなっています。

では、5年先、10年先も デジタル機器を導入せず、アナログ 作業を行っていることが、現実的に考えられるでしょうか?

時代の流れ的に言って、デジタル化は必然であり、デジタル化をしないということは、仕事を失うということに繋がっていきます。

将来のために二歩、 三歩先を考えて経営をするのであれば、今すぐデジタル化を行っても全く問題ないはずです。

むしろ 現場作業者にとっては メリットが大きくあります。

先ほども言ったようにミスを減らすことができるからです。

これだけでも現場作業者にとっては とてもストレスとプレッシャーが減っていきます。

なぜなら、ミスをすることによって、リーダーから原因を追求され対策を考えろと言われ続けるからです。

場合によっては、自分がミスをしていない可能性がある作業に対しても対策を考えろと言われる可能性もあります。

現場作業のミスを本当に減らしたいのであれば、これからの時代、デジタル化は必然であるのと同時に、同業他社と競争にも必要不可欠となってきます。


物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す