35歳転職限界説・40歳転職限界説を作っている本当の原因は、受け入れ側の会社にあり

東洋経済on-line記事
“「40歳以上の転職は難しい」は果たして本当か
今の会社でいつまで働き続けますか”を読んで。

今まで、

35歳転職限界説が言われ続けてきました。


 

 

そして、

今は40歳転職限界説などと言われているみたいですね。

 

 

 

このどちらも、

根拠はハッキリしたいと思うのです。

 

 

 

あえて、理由を考えるとすれば、

新しい会社組織に慣れる事ができる

年齢限界ではないかと思うのです。

 

 

 

表向きの理由は、

新しい仕事に慣れる事ができる年齢の限界と

言われていると思うのです。

 

 

 

いろいろな雑誌には、

転職者目線や採用担当者の記事が

書かれている事が多いですよね。

 

 

 

何回も転職してきた自分としては、

もっと大切な事が書かれていないと思うんです。

 

 

 

もし、転職するとしたら、

転職先の会社の何が1番気なりますか?

 

 

 

 

私としては、

自分が働く職場のリーダーの資質や一緒に働く人達と

自分が馴染めるかどうかが一番気になるんですよね。

 

 

 

どんなに、

転職先の仕事に経験や実績があったとしても、

働く環境や一緒に働く仲間と馴染めないと、

長く続ける事はできないと思うんですよ。

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

 

いろいろな雑誌に書かれている

記事を鵜呑みにするのは、とても危険だと思うのです。

 

 

 

特に大企業から中小企業に転職した場合は、

企業文化やそこで働く人達の仕事に対する接し方や

姿勢が大きく違うと考えるべきだと思うんです。

 

 

 

大企業からの転職者は、

人手不足の中小企業への転職を進めていることが多いですが、

転職先では、転職者の能力を活かし切ることができる環境を

用意しているのでしょうか?

 

 

 

それらを用意できていないから、

35歳転職限界説・40歳転職限界説と言うものが

言われているのではないでしょうか?

 

 

 

これからの時代、いろいろな働き方が求められてきます。 

 

 

働き側の意識変革も必要ですけども、

転職者を受け入れる会社側も意識変化と転職者の知識やスキルを

活かし切る環境の整備が求められると思うんです。

 

 

 

35歳転職限界説・40歳転職限界説と言う前に、

転職者を受け入れる会社側の意識変化や受け入れ態勢を整える

必要があるのではないかと思うのです。

 
 

top-taitoru6

無料ステップメールをご用意しています。
お気軽にお読みください。

 

 

top-taitoru6

仕事の教え方でお悩みの経営者・中間管理職・職場のリーダーの方を対象に
セッションメニューをご用意しております。

「セッションメニュー」

  • オリエンテーション(セッションなどの説明)

  • 仕事の教え方振り返りセッション(単発(一回限り)・三ヶ月契約)

  • 仕事の価値観発見セッション(単発(一回限り)

  • 「あなたから仕事を教わりたい!」と思わせるセッション(三ヶ月契約)

詳しくは、コンテンツ「セッションメニュー」をご覧ください。

 

セッションに関するお問い合わせもお待ちしております。

お気軽にしてくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

 

top-taitoru6

 

仕事の教え方に悩んでいる
経営者・中間管理職・職場のリーダーをサポートしています。

アクティーズ・ジャパン
仕事の教え方コーチ  吉岡 晃

携帯番号:080-4306-4170

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka


コメントを残す