リーダー・リーダーシップの本を読む前に

本屋に行くと、リーダーやリーダーシップのむずかし〜い本がたくさん並んでいます。

そして、勤勉な方は、その本を買って、勉強していることでしょう。

本を読むことで、知識は蓄積できるでしょう。

そう、知識だけは。

本に書いてある内容と自分の体験が繋がらないと、自分の中に落ちないのです。

 

自分の中に落ちないということは、頭で理解できても、心や感情が反応しないのです。

 

それが何を意味するのか?

 

経験がある人は、当然、分かると思います。

 

心や感情が共わない行動は、気持ちや熱意が行動に込められないのです。

 

心や感情が込められていないリーダーの行動や指示ほど、相手の心や感情に届かないのです。

 

リーダーやリーダーシップとは、決断力や行動力、発信力という以前に心や感情がとても大切なのです。

 

決断力や行動力などの本によって、表面上の知識は学べると思います。

 

では、リーダーやリーダーシップに関する心や感情は、どうやって学ぶのでしょうか?

 

心や感情も本を読んで、知識として学びますか?

 

目に見えない、形もない、評価基準も人によって違い、数値化が出来ないことを。

 

一時期流行った「おもてなし」も結果的に、今では、忘れ去られています。

 

なぜ、忘れ去られてしまったのか?

 

少し考えてみましょ!

 

 

メルマガ

気づきの一言の購読申し込みはこちら

 

メール講座

思考を現実化するための4つのステップの購読申し込みはこちら

 

目標達成の為の3つのステップの購読申し込みはこちら

 

理想の自分になるための3つのステップの購読申し込みはこちら


コメントを残す