リーダーシップとは、選択肢の一つ

フェイスブックでとても良い記事を見つけたので、

それをテーマにして、今回ブログを書きます。

7つの習慣のフェイスブックページより

”【リーダーシップとは選択である】

モノのように扱われる社員や職員はどうなるだろうか?

彼らはリーダーシップを発揮するという選択肢などありえないと思い始める。

リーダーシップはある特定の地位に付随するものだと大半の人が考えるようになり、
自分がリーダーになることなど想像もできなくなる。

自分なりのリーダーシップ(影響力)を発揮することは、
実はピアノを弾くことを選ぶ自由に似ている。

その自由は自分の力で手に入れるものなのだ。

リーダーシップも同様で、
本来は自分の力で勝ち取るべき選択肢なのである。”

どうですか?

この文章を読んで、リーダーシップとは、
どのように手に入れるか分かりましたか?

日本人は、
仕事上では年功序列で、気がついたら権限と責任を与えられ、
それに伴いリーダーシップを発揮しろと言われているのではないかと思います。

 

そこに、リーダーシップに関しての
思い違いが起こってしまったのではないかと思います。

 

リーダーシップとは、
本来、自分の心の中から湧き上がり、
自然と周りに影響を与えているものだと思います。

 

そうすることで、周りの人達から
自然とリーダーと認められるのではないでしょうか?

 

リーダーシップとは、与えられるのではなく、
リーダーシップを発揮するという選択をするか
どうかだと思うのです。

 

リーダーシップを発揮したくなければ、
発揮しないという選択もありだと思います。

 

こう書くと、誰にでもリーダーシップを
発揮することが出来そうですよね。

 

そう!
誰にでもリーダーシップを発揮することは出来るのです。

 

問題は、
リーダーシップを発揮するという
選択をするかどうかです。

 

ただし、
リーダーシップを発揮するという事は、
そこには責任と覚悟が必要となります。

 

あなたは、
自分の為にリーダーシップを発揮するという
選択が出来ますか?

 

 


コメントを残す