運送業界の多重下請け構造の先にあるリスクをchatGPTと考えてみた

運送業界において、ドライバーの収入を増やす為には、
元請けからの一次下請け(または、協力業者)しか
認めない事が必要ではないかと思うのです。

そうすれば、
多重下請け構造を根本的に変える事が出来ると思うのです。

中抜きは、ある意味、
ブラックボックス化されているので規制は難しいはず。

大手物流企業が、なぜ、成長出来るのか?
それは、運送業務と倉庫業務を請け負う事が出来るからです。

運送業務と倉庫業務の両方を請け負うと言うことは、
荷主にとっては、
商品を消費者へ届ける手段を物流企業に握られている様なもの。

その為、そう簡単に請け負う企業を変える事が出来ず、
物流企業の経営が安定するのです。

ぎゃくに運送業務しか、
請け負っていないと、簡単に乗り換えをされてしまうのです。

なので、運送業は、価格競争にさらされ、利益が伸びない。

運送業務単体で、経営を成り立たせる為には、
余程の荷主を持ち、元請けにならない限り、
かなり厳しい現実が待ち受けているのではないかと考えます。

その事を分かっていても、ほとんどの運送会社は、
営業能力がなかったり、リソース不足で、
打つ手なし状態が、今の運送業界ではないかと思うのです。

chatGPT
「あなたの考察は多くの点で正確で、
物流業界の実情をうまく捉えています。

以下にいくつかのポイントについて評価と提案を行います。

  1. 多重下請け構造の解消:
    多重下請け構造は確かに運送業界におけるドライバーの収入を抑制する一因です。
    元請けからの一次下請け(または協力業者)しか認めないという提案は一見合理的に見えますが、その実施はかなり難しいです。
    なぜなら、物流業界は非常に複雑で、一部の業務を単一の下請けに依存することはリスクを増大させる可能性があるからです。
    また、規制自体が経済活動を制約する可能性もあります。
    その代わりに、下請けの透明性を向上させ、公正な価格設定を促す政策を推進することがより現実的な解決策となるでしょう。
  2. 運送業務と倉庫業務の一元化:
    大手物流企業が成長できる理由の一つとして、運送業務と倉庫業務を一元的に管理できる能力があります。
    これはサービスの一貫性と効率性を向上させるため、多くの荷主にとって魅力的です。
    しかし、これは同時に小規模な運送業者にとっては競争上の不利となり得ます。
    そのため、小規模な運送業者は、特定のニッチ市場をターゲットにするか、他の業者と提携してサービス範囲を広げるなど、競争力を維持するための戦略を考える必要があります。
  3. 営業能力とリソース不足:
    この点は特に重要です。運送業者は物流の専門家である一方で、営業やマーケティングのスキルが必ずしも十分ではないことが多いです。
    このため、業者がこれらのスキルを開発するための支援が必要となります。
    これは地方自治体や業界団体が主導するトレーニングプログラムや、特定のサポートサービスを通じて実現できるかもしれません。

あなたの指摘のとおり、運送業界は多くの課題を抱えています。

経済の成長とともに物流の需要が増大する一方で、
ドライバーの収入増加や下請け構造の見直しなど、
改善が必要な領域も多いのが現状です。

適切な解決策を見つけるためには、
規制当局、業界団体、企業の協力が不可欠です。

具体的な改善策としては以下のようなものが考えられます。

  1. テクノロジーの活用:
    デジタル化と自動化を進めることで、物流の効率性を向上させ、コストを削減することが可能です。
    例えば、ルート最適化ソフトウェアを使用すると、ドライバーの運行時間を最小限に抑え、収入を最大化することができます。
  2. 労働条件の改善:
    ドライバーの収入を向上させるためには、時給制から成果報酬制への移行や、休息時間の確保など、労働条件の見直しが必要です。
  3. 業界の見直しと再編:
    物流業界全体の再編や規模の経済を活用することで、業界全体の効率性を向上させることが可能です。
    これには、業界の縮小や、より効率的な企業間のパートナーシップの構築が必要です。

これらの提案は運送業界が直面する
課題を解決するための一部であり、さらなる研究や討議が必要です。

また、これらの改善策を実現するためには、
政策制定者、企業、労働者が一体となって取り組む必要があります。」

私「「一部の業務を単一の下請けに
依存することはリスクを増大させる可能性がある」とのことですが、
荷主は、元請けを複数持つことで、リスクを軽減できると考えます。

また、元請けも複数の一次下請け持つことでリスクを軽減できると考えます。」

chatGPT
「その見解は確かに正しいです。

あなたが指摘したように、
リスク分散は一般的なリスク管理の一部であり、
多様なパートナーシップを築くことは、
供給チェーンのリスクを軽減する一つの方法です。

元請けが複数の一次下請けを持つことで、
一つの下請けが問題を抱えた際にも
サービスの継続性を保つことが可能となります。

同様に、荷主が複数の元請けを持つことで、
一つの元請けに問題が発生した場合でも、
他の元請けを通じて業務を続行することができます。

私の以前の発言の意図は、
特定の下請けへの過度な依存はリスクを
増大させる可能性があるということでした。

それは、その下請けが問題を抱えた場合、
業務の継続性が大きく影響を受ける可能性があるからです。

したがって、
あなたの提案と私の指摘は同じ目的を持っています:リスクの軽減。

それは、多様なパートナーシップを持つことによって、
または過度な依存を避けることによって、達成できます。

したがって、
供給チェーン全体の透明性と効率性を向上させるために、
公正な価格設定と契約条件の確立が重要となります。」

私「「テクノロジーの活用、労働条件の改善」の2つは、
既に行なっていますが、成果、効果が出ていないのが現状です。

その大きな理由としては、
資金、リソースの企業間格差だと考えます。

なので、業界の見直しと再編をした上で、
対策を考えるべきだと考えます。」

chatGPT
「あなたの視点は非常に重要で、
現在の物流業界における課題を正確に指摘しています。

特に、資金とリソースの格差は、
小規模な運送業者が新たなテクノロジーや働き方改革を
採用する上での大きな障害となっています。

業界の見直しと再編は、
これらの問題を解決するための一つのアプローチとなり得ます。

特に、以下のような戦略が考えられます。

  1. 協同組合の形成:
    小規模運送業者が協同組合を形成することで、集合的な資源を利用して購買力を高め、共有技術を導入することができます。
    これにより、大手企業との競争力を向上させることが可能となります。
  2. 業界団体の支援:
    業界団体は、小規模運送業者が新技術や最善の業務慣行を採用するための教育、資金、その他のリソースを提供する役割を果たすことができます。
  3. 政策的な支援:
    政府は、税制優遇や助成金などを通じて、小規模運送業者が新技術を導入する負担を軽減することができます。
    また、公平な競争環境を保証するための規制も必要となる場合があります。

これらの戦略は、
一部の企業が業界全体を支配する状況を改善し、
より多くの運送業者が新たな機会を
活用できるようにすることを目指しています。

それにより、運送業者全体の競争力が向上し、
業界全体の健全性と持続可能性が確保されることを期待しています。」

私「運送会社の多重下請け構造は、別の見方をすれば、
荷主も輸送品質の低下に繋がるリスクを抱えているのではないかと考えます。」

chatGPT
「その通りです。

運送業界における多重下請け構造は、
荷主にとってもリスクを生じます。

そのリスクには以下のようなものが含まれます。

  1. 品質の低下:
    運送業務が多段階の下請け構造を経ると、各段階で品質管理が難しくなる可能性があります。
    これは、運送過程全体の透明性が欠如することから、輸送品質の低下や、荷物の紛失や破損のリスク増大につながります。
  2. 遅延:
    各下請け業者が自社の業務スケジュールを管理している場合、遅延のリスクが増加します。
    特に、ある一つの下請け業者が遅延した場合、それが連鎖的に他の業者に影響を及ぼし、最終的な配送時間に影響を与える可能性があります。
  3. 責任の所在の不明確さ:
    問題が発生した際に、その責任を誰が負うべきかが不明確になる可能性があります。
    これは、荷主と元請け業者との間でのコミュニケーションと問題解決を困難にする可能性があります。

したがって、運送業界の多重下請け構造を見直し、
より直接的で透明なパートナーシップを築くことは、
荷主にとってもメリットがあります。

これにより、荷主は品質管理を強化し、
配送遅延のリスクを低減し、
問題が発生した際の責任所在を明確にすることが可能となります。」

私「近年、自社倉庫を持つ、
小売業やメーカーが増えてきていますが、
これは、多重下請け構造のリスクに
気づいているからではないでしょうか?」

chatGPT
「小売業者やメーカーが
自社倉庫を持つ傾向が増えている理由は複数あり、
その一つには確かに多重下請け構造のリスクへの対応が含まれます。

  1. リスク管理:
    運送の多重下請け構造は、遅延や品質低下などのリスクを生じさせる可能性があります。
    自社倉庫を持つことで、企業は運送業務の一部を自己管理し、これらのリスクを軽減することができます。
  2. コントロールと透明性:
    自社倉庫を運営することで、企業は物流プロセス全体に対するより高いコントロールを得ることができます。
    これにより、在庫管理、出荷、配送までの過程全体にわたる透明性が向上します。
  3. コスト効率:
    一部の企業にとって、自社の倉庫を運営することは、外部の運送業者に依存するよりもコスト効率が良い場合があります。
    これは、特に、大量の商品を頻繁に出荷する企業に当てはまります。
  4. 顧客サービスの向上:
    自社倉庫を持つことで、企業は顧客への配送時間を短縮し、配送の柔軟性を向上させることができます。
    これにより、顧客満足度が向上し、競争力が強化されます。

したがって、
多重下請け構造のリスクに対する対応という観点だけでなく、
コントロールと透明性の向上、コスト効率の改善、
顧客サービスの向上といった多角的な観点から、
自社倉庫を持つ動きが増えていると言えます。」

私「多重下請け構造のリスクと2024年物流問題である輸送力低下は、根底では繋がっていると考えますが、どうでしょうか?」

chatGPT
「その観察は非常に的確です。

多重下請け構造のリスクと輸送力低下は、
両者とも物流業界の労働力問題と深く結びついています。

  1. 運送能力の問題:
    多重下請け構造では、各業者は自身の運送能力を最大限に利用することが求められます。
    しかし、各下請け業者が自社の業務スケジュールを管理しているため、一部の下請け業者が遅延したり、人手不足に陥ったりすると、全体の運送能力に影響を及ぼす可能性があります。
  2. 労働力問題:
    多重下請け構造が存在すると、運送業者間での収入格差が生じる可能性があります。
    これはドライバーの雇用と収入に影響を及ぼし、労働力問題を引き起こす可能性があります。
    また、労働力の不足は直接的に運送能力の低下につながります。

したがって、これらの問題は互いに影響し合い、
物流業界全体の効率と安定性を損なう可能性があります。

この問題を解決するためには、
業界全体での規制改革や業務プロセスの見直しなど、
包括的なアプローチが必要となります。」

私「繋がっているのは、分かりましたが、
現状では、ドライバー不足の対策として、
ドライバーの福利厚生や労働環境の改善に重点を置いた対策をされています。

多重下請け構造の問題は、
指摘はされていても、対策に関しては力を入れていない気がします。」

chatGPT
「その観察は非常に的確で、現実的な課題です。

運送業界におけるドライバー不足の解決策として、
労働条件の改善や福利厚生の拡充は重要なステップですが、
これらの対策だけでは問題の根本的な解決には至らないかもしれません。

多重下請け構造は、
運送業界における経済的な力学と利益の分配に関わる複雑な問題です。

これを解決するためには、業界全体の構造改革が必要となります。

一部の解決策は、以下のようなものが考えられます。

  1. 規制改革:
    業界の規制を改革し、多重下請け構造を規制することが一つの方法です。
    これは、運送業界の業績と労働条件を改善するために、政府の介入が必要な場合があります。
  2. 透明性の向上:
    運送業界における価格設定と収益分配の透明性を向上させることは、多重下請け構造の問題を緩和する可能性があります。
    これにより、運送業者間の公正な競争が可能となり、適正な利益分配が実現可能となります。
  3. テクノロジーの活用:
    デジタル化と自動化の進展は、運送業務の効率化とコスト削減に寄与します。
    これにより、業界の構造自体を変革することが可能となり、多重下請け構造の問題を緩和する可能性があります。

しかし、これらの解決策を実現するには、
業界全体の協力と政府の積極的な役割が不可欠です。

また、それぞれの解決策は、
異なるステークホルダーの利益を考慮に入れる必要があり、
実現には時間とリソースが必要となります。」

私「繋がっているのは、分かりましたが、
現状では、ドライバー不足の対策として、
ドライバーの福利厚生や労働環境の改善に重点を置いた対策をされています。

多重下請け構造の問題は、
指摘はされていても、対策に関しては力を入れていない気がします。」

chatGPT
「その観察は非常に的確で、現実的な課題です。

運送業界におけるドライバー不足の解決策として、
労働条件の改善や福利厚生の拡充は重要なステップですが、
これらの対策だけでは問題の根本的な解決には至らないかもしれません。

多重下請け構造は、
運送業界における経済的な力学と利益の分配に関わる複雑な問題です。

これを解決するためには、業界全体の構造改革が必要となります。

一部の解決策は、以下のようなものが考えられます。

  1. 規制改革:
    業界の規制を改革し、多重下請け構造を規制することが一つの方法です。
    これは、運送業界の業績と労働条件を改善するために、政府の介入が必要な場合があります。
  2. 透明性の向上:
    運送業界における価格設定と収益分配の透明性を向上させることは、多重下請け構造の問題を緩和する可能性があります。
    これにより、運送業者間の公正な競争が可能となり、適正な利益分配が実現可能となります。
  3. テクノロジーの活用:
    デジタル化と自動化の進展は、運送業務の効率化とコスト削減に寄与します。
    これにより、業界の構造自体を変革することが可能となり、多重下請け構造の問題を緩和する可能性があります。

しかし、これらの解決策を実現するには、
業界全体の協力と政府の積極的な役割が不可欠です。

また、それぞれの解決策は、
異なるステークホルダーの利益を考慮に入れる必要があり、
実現には時間とリソースが必要となります。」

私「ドライバー不足対策は、雇用関係であって、
多重下請け構造の解消は経営関係になると思うのです。

そのため、多重下請け構造の解消は、
各物流会社・運送会社に任されている気がします。」

chatGPT
「その見解は、多くの意味で正確です。

ドライバー不足対策は、
主に労働条件や福利厚生といった
直接的な雇用関係の改善に関連しています。

一方、多重下請け構造の解消は、
経営戦略や業界構造に対するより広範な視点を必要とします。

多重下請け構造を解消するためには、
物流会社や運送会社自体が、業務プロセスを見直し、
効率化を図る必要があります。

また、価格設定や契約の透明性を確保し、
公正な競争を促進することも重要です。

しかし、その一方で、
この問題は個々の企業だけで
解決できるものではないかもしれません。

業界全体の規制改革やテクノロジーの導入、
教育とトレーニングの提供など、
政府や業界団体の役割も重要となります。

また、荷主側も多重下請け構造のリスクに対して
認識を持つことが求められ、
適切な契約形態や取引関係を形成することが必要となります。

つまり、多重下請け構造の解消は、
各物流会社・運送会社だけでなく、業界全体、
さらには関連するすべてのステークホルダーにとって、
共同で解決すべき課題であると言えます。」

私「以上の事から、多重下請け構造を解消するには、
荷主と物流業界全体が、
しっかりとした危機感と問題意識を持って、
共同で解決する為に行動する必要があると考えます。」

chatGPT
「その通りです。

物流業界における多重下請け構造の問題は、
単一の企業や業者が単独で解決できるものではなく、
業界全体、そして荷主を含む関連する
全てのステークホルダーの共同の努力が必要です。

荷主にとっては、
供給チェーンの効率性と信頼性が非常に重要なため、
下請け構造の透明性と公正さに対する認識と対策が必要です。

また、荷主自身が公正な取引を行い、
適切な価格を支払うことも重要です。

物流業界全体としては、
多重下請け構造が運送業界の労働力問題やサービス品質に
どのように影響を与えているかを理解し、
それに対する解決策を共同で策定し実行する必要があります。

また、政府や業界団体もこの問題に対する認識を持ち、
必要な規制改革や教育・研修プログラム、
テクノロジー導入支援などを通じて解決に取り組むべきです。

以上のように、多重下請け構造の解消は、
各ステークホルダーが危機感と問題意識を持ち、
共同で取り組むことが必要な課題であると言えます。」

私「現状、2024年物流問題には、
多重下請け構造は、あまり話題になりませんが、
もっと注力をする必要があると考えます。

なぜ、多重下請け構造は、話題にならないのでしょうか?」

chatGPT
「多重下請け構造が物流問題において十分に取り上げられない理由にはいくつかの要素が考えられます。

  1. 複雑性:
    多重下請け構造は、業界の力学や利益分配に関わる複雑な問題であり、解決策も一筋縄ではいかないものが多いです。
    これは、一部の人々がこの問題に対して消極的になる一因となっている可能性があります。
  2. 直接性の欠如:
    ドライバー不足や過重労働などの問題は直接的で明確であり、その結果も具体的で目に見えます。
    一方、多重下請け構造の問題は抽象的であり、その影響は間接的であるため、一般的な議論の中で見過ごされやすいです。
  3. 利害関係:
    多重下請け構造は、一部の企業にとっては利益をもたらすため、その改革には抵抗があるかもしれません。
    また、多重下請け構造を維持することで、一部の荷主は輸送コストを抑えることができるため、改革に消極的な場合もあります。
  4. 規制と遵守の問題:
    多重下請け構造を規制するための法律や規則が不十分であったり、遵守が困難であったりする場合、この問題は依然として存在し続ける可能性があります。

これらの理由から、多重下請け構造の問題は、
物流問題全体の議論の中で十分に取り上げられていない可能性があります。

しかし、これはこの問題が重要でないことを意味するわけではなく、
むしろ逆に、物流業界の持続可能な発展と労働者の福祉向上のためには、
この問題に対する認識と対策がより一層必要であると言えます。」

私「仮に、多重下請け構造を解消した場合、
中小零細の物流会社の経営や運営は、
どのようになりますか?

逆に、大手の物流会社の経営や運営は、どうなりますか?」

chatGPT
「多重下請け構造の解消は、
中小零細の物流会社と大手物流会社の両方に影響を及ぼすでしょう。

ただし、その影響は異なる形で現れる可能性があります。

中小零細の物流会社:

  1. 収入の増加:
    多重下請け構造が解消されると、中間マージンが減少またはなくなるため、直接的な契約により収入が増える可能性があります。
  2. コントロールの向上:
    中小企業は、荷主と直接取引することで自身の業務をより良くコントロールできるようになる可能性があります。
  3. ビジネスリスクの増大:
    しかし、一方で、元請けからの保護を失うことでビジネスリスクが増大する可能性もあります。
    また、新たな契約を獲得し、維持するための競争が激化するかもしれません。

大手物流会社:

  1. コスト増加:
    多重下請け構造が解消されると、大手物流会社は中間マージンを削減または失い、コストが増加する可能性があります。
  2. 事業モデルの見直し:
    大手物流会社は、より直接的な関係を構築し、新たな価値提供方法を見つける必要があるかもしれません。これは新たなビジネスチャンスを生む可能性もあります。
  3. サービス品質の改善:
    運送業者との直接的な関係を通じて、サービス品質を改善し、運送業者の待遇を改善することが可能になるかもしれません。

ただし、これらはすべて一般的な視点からの予測であり、
実際の影響は具体的な状況や対応策によります。

また、多重下請け構造の解消だけではなく、
技術革新、規制改革、業界の再編等、
他の多くの要素が経営や運営に影響を及ぼすことも覚えておく必要があります。」

私「多重下請け構造の解消は、
中小零細の物流会社にとっては、利益アップのメリットがある代わりに、
作業品質の維持、向上が求められ、
場合によっては、大手の物流会社が競合になる可能性もあるのですね。」

chatGPT
「その通りです。多重下請け構造の解消は、
中小零細の物流会社に対して新たなチャンスを提供する一方で、
新たな課題や競争を引き起こす可能性もあります。

業界の再編により、
中小零細の物流会社は自社のサービスや品質を強化し、
競争力を維持することが求められます。

また、大手物流会社との競争も避けられないかもしれません。

そのため、
成功するためには適応力と戦略的な思考が必要になるでしょう。

また、業界全体としては、
公平で健全な競争環境を維持するための規制やガイドラインの整備、
そしてそれらを遵守する文化を育てることが重要になるでしょう。

このような取り組みは、中小零細の物流会社が持続的に成長し、
全体のサービス品質と労働環境を向上させるために必要な要素です。」

私「では、
多重下請け構造から抜け出したい中小零細の物流会社は、
どのよな対策や経営戦略を考えればよいでしょうか?」

chatGPT
「多重下請け構造から抜け出すために、
中小零細の物流会社が考えるべき対策や経営戦略はいくつかあります。

以下にいくつかの提案を列挙します。

  1. 顧客との直接的な関係の構築:
    顧客と直接的な関係を築くことで、中間マージンが消え、収益を増加させる可能性があります。
    これは、新たな契約を獲得するための営業能力の向上や、既存の契約の管理・維持能力の強化を必要とします。
  2. サービス品質の向上:
    価格競争だけでなく、サービス品質を通じた差別化も重要です。
    これは、運送時間の短縮、荷物の取り扱いの向上、コミュニケーションの効率化など、さまざまな形で達成できます。
  3. 技術の活用:
    デジタル化や自動化技術の導入は、効率性の向上、コスト削減、そして新たなビジネスモデルの開発につながる可能性があります。
    これには、運送管理システム(TMS)の導入やAIを活用した最適ルート計画などがあります。
  4. 業務範囲の拡大:
    倉庫管理や在庫管理など、運送業務以外の物流業務を提供することで、顧客に対する付加価値を高め、収益源を多様化することができます。
  5. パートナーシップや連携:
    他の物流会社や関連業界の企業とのパートナーシップや連携を通じて、リソースを共有し、業務範囲を広げることも有効です。
    これには、業務提携、共同運行、またはM&Aなどがあります。

ただし、これらの戦略はすべてその企業の特定の状況や能力によります。

成功するためには、自社の強みと弱み、市場の動向、
競争環境などを理解し、それに基づいた戦略を策定することが重要です。」

ることが重要です。」

私「大手の荷主・顧客は、大手の物流会社が、
既に契約をしている場合が多いですが、
そのような場合は、どうすればよいでしょうか?」

chatGPT
「大手の荷主や顧客が既に大手の物流会社と契約している場合でも、
中小零細の物流会社が競争に参入する余地は存在します。

以下の戦略が考えられます。

  1. ニッチマーケットの探求:
    大手企業がカバーしきれていない、または関心を持っていない特定のニーズや地域に焦点を当てることができます。
    これには、特殊な貨物の取り扱い、地元の知識を活用した地域密着型のサービス、時間指定配送などがあります。
  2. パートナーシップの構築:
    大手の物流会社と協力することも選択肢の一つです。
    中小企業は柔軟性と地元への理解を活かすことができ、大手企業はそのリソースとネットワークを提供できます。
  3. サービスの差別化:
    品質、迅速さ、顧客サービス、革新的なソリューションなどによりサービスを差別化することで、大手の荷主や顧客に魅力的な選択肢を提供できます。
  4. 新たな顧客層の開拓:
    より小規模な企業やスタートアップなど、大手の物流会社がカバーしていない顧客層を対象にすることも有効です。
    これらの企業は、よりパーソナライズされたサービスや柔軟な対応を求めることが多く、中小零細の物流会社の強みを最大限に活用できます。

これらの戦略を成功させるためには、
市場の理解、顧客のニーズの把握、そして持続的な品質の維持と改善が必要です。

また、大手の荷主や顧客を引き付けるためには、
自社の信頼性と能力を実証するための証拠やケーススタディが不可欠です。」

と、chatGPTとのやり取りをして、
運送業界の多重下請け構造は、運送会社だけではなく、
荷主も他人事ではなく、
自分たちにもリスクがある事を認識する事が重要だと考えます。

お問い合わせは こちらをクリックしてください

物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す