部下の育成・理想実現への一言アドバイス No.42

 

「振り子の原則とホーソン効果。

とても似ている気がします。
何かを変えたり、試したりする時

には、ちまちまと変えたり、試す

のではなく、大きく変えたり、試

したりする必要がありますね。」
 
 
「何かを変えたい、改革したいという場合、
 
思い切ったことが必要となります。
 
 
言い換えると、振り子を大きく振ることによって、
 
その反動により大きな結果が得られるというもの。
 
 
ただし、これには、
 
限界を超える可能性があると言うリスクが伴います。
 
 
振り子を大きく振るためには、
 
ちまちまと少しづつ降っていては意味がありません。
 
 
ホーソン実験でも証明されているように、
 
いっぺんに多くのものを変えることで、それらの総和によって、
 
大きく変わるのです。
 
 
いっぺんに多くのものを変える=振り子を大きく振ることになるのです。
 
 
小さく振り子を振るというのは、改善をいつまでも続けても、
 
改善の域を出ないことを示唆しています。
 
 
改革をしたいのであれば、
 
振り子を大きく振る必要があるのです。
 
 
これは、人に対しても同じで、
 
自己成長をしたいのであれば、
 
定期的に振り子を大きく振る必要があるのです。」
 

top-taitoru6

アクティーズ・ジャパン
仕事の教え方コーチ  吉岡 晃

携帯番号:080-4306-4170

You Tube:https://www.youtube.com/user/akutsj

Facebook:http://facebook.com/akira.yoshioka

セッションに関する
お問い合わせもお待ちしております。

お気軽にしてくださいね。

お問い合わせフォームはこちら


コメントを残す