組織内の新しい考え方の適材適所とは、目に見えない人の心を取り入れる事

今までの組織内で行われている適材適所は、
適性や能力によって行われてきましたが、それはもう古いです。
 
適性や能力によって行われてきた組織内の適材適所は、
会社から頑張った分だけの見返りとなる給料を得られた時代だからこそ、
会社の為に自分の能力を出し切ってきました。
 
それが、今は、頑張ったら頑張った分だけ、
責任と仕事量が増えますが、見返りとなる給料は増えません。
増えるものといえば、プレッシャーとストレスだけです。
 
 
昔の日本であれば、国内の産業に需要があり、
会社はいくらでも成長をする事が出来ました。
 
成長出来たからこそ、会社と人生を共にし、
仕事の責任と仕事量が増えても、その分、会社からの見返り(給料)が得られました。
 
その結果、生活が充実する事で、やる気にも繋がりました。
 
 
それが、今では、
仕事の責任と仕事量が増えても、給料による見返りは微々たるものです。
そうなっては、適性や能力によって、
地位や仕事を与えても、そこに魅力はありません。
 
 
満足のいく給料を与える事が出来ないのであれば、
何を与えればいいのでしょうか?
答えは、簡単です。
心の充足感であり、心の栄養を与えることなのです。
 
もちろん、お金も必要ですが、
会社が成長・発展しないと利益が出ませんから、
お金による見返りを求めるのは無理があります。
 
では、
どうやったら心の充足感や心の栄養による見返りを与えることが出来るかです。
 
一言で言えば、
その人が仕事の中で大切にしているものを大切に出来るようにしてあげることです。
 
自分の大切にしているものを大切しながら仕事が出来れば、
毎日の仕事に張りが出で、やりがいや楽しさも出てくることでしょう。
 
大切にしたいものと言うのは、
目に見えるものではなく、心で感じる取る感覚・感情的なものであったり、
絶対に譲れない自分で決めた境界線みたいなのもです。
 
例えば、
陶芸家などで、自分で作った器が納得いかず、割ってしまう事があると聞きます。
 
他人が見たら素晴らしい出来てあっても、
作った本人の中には、絶対に譲れない境界線を越えなければ、それは欠陥品なのです。
 
別の例を挙げれば、接客業などのおもてなし・ホスピタリティなどもそうです。
 
おもてなしには、サービスと違い、マニュアルも無ければ、規則・ルールもありません。
 
相手の表情・言葉・仕草などから、相手が望む事を感じ取って行うのがおもてなしなのです。
 
なぜ、おもてなしをするのか。
相手の笑顔を見る事が、自分の幸せであり、心が満たされるからなのです。
 
これらは、物を与えられても得られるものではありません。
あくまでも、その人の心の中で起こっている事なのです。
 
目に見えないからこそ、今まで素通りをされてきました。
 
それが、経済が成熟し、さまざまな産業もある程度安定し、
物が溢れ、生活水準も戦後より遙かに良くなり、
生活に不自由がなくなってきた今の状況だからこそ、
物より心(感情・感性)にフォーカスされようとしています。
 
そんな状況だからこそ、
適性や能力といった数値化による適材適所を行うにではなく、
もっともっと相手の心に重点を置いた適材適所を行う必要があるのです。

物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す