ハングリー精神の質の変化

昔の日本には、
ハングリー精神があったと
言われます。

 

それでは、
今の時代はハングリー精神を
失ってしまったのでしょうか?

 

戦後は生きるために
みんな、一生懸命頑張っていました。

 

それは何故か?
答えは簡単です。

 

自分の命に関わる
「生きる」という
最大の目的があったからです。

 

それでは、
今の時代はどうでしょうか?

 

生きるには、
生活保護という選択肢があります。

 

また、
生活の為にお金を稼ごうと思えば、
アルバイトやパートなど、
いろいろな働き方があります。

 

その為、ハングリー精神を生み出していた
生きるために一生懸命頑張るということが
最大の目的にならなくなってしまいました。

 

それでは、今の時代は
どんなことがハングリー精神を
生み出す源となるでしょうか?

 

一言で言ってしまえば
「夢や実現したいこと」です。

 

自分が心の底から
叶えたい・実現したいというものがあれば
自然と一生懸命頑張ることができます。

 

そう
ハングリー精神が失われたのではなくて
夢や実現したいことを持っている人が少なくなってしまったのです。

 

夢とは言わず、
誰しも自分が欲しいものを
一生懸命探した経験があると思います。

 

とはいえ、
今の時代、インターネットを使えば
簡単に欲しいものが見つかり、
手に入る時代になってしまいました。

 

ここにも
ハングリー精神というもの失わせる
要因があるのではないかと思います。

 

この事から、
今と昔では、環境や状況の変化に伴って
ハングリー精神を生み出す源も変わってきていると思います。

 

また国が国民の生活を守るために
さまざまな政策をやってきた
結果とも言えるのではないでしょうか?

 

安心して暮らせる国、
言ってみれば頑張らずとも暮らせる国なのです。

 

生きるために必要なものが満たされ、
安心・安全のある状況や環境に置かれている生活に対して
心の底からあれが欲しい、
これが欲しいという欲求を生み出すものと言えば?

 

それは、
良い意味でのわがままだと思います。
あれが欲しい、これが欲しいというわがままです。

 

もちろん、
誰かに与えられるのではなく、
自分自身で手に入れるのです。

 

その為にも、
欲しいものを手に入れた時の
ワクワク感を感じるだけの想像力が求められます。

 

昔は、
安定した生活・満足の食事が出来る生活、
便利な生活を想像して、頑張ってきました。

 

言ってみれば、
そこにハングリー精神の源があったのです。

 

そして、今の時代のハングリー精神の源は、
自己の欲求を満たす我儘だと思います。

 

今の時代のハングリー精神を生み出すために
我儘を実現してみませんか?

 

毎週木曜日配信
「37歳からの自分の働き方を見つける方法」
読者登録、お待ちしております。

 

気づきの一言の購読申し込みはこちら

 

無料資料お申し込み
「心と体に充実感と活力を与えて、目標を達成する為の3つのポイント」(Any-1

「やりがいを感じる仕事へ転職したいあなたの為のチェック診断」
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/893

「40歳からの理想の生き方・仕事を手に入れることが出来るか診断」

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/890

 


コメントを残す