倉庫現場における閑散期で行うべき仕事とは

どんな仕事にも閑散期と繁忙期があります。

扱う商品によって、
閑散期と繁忙期の時期は違いますが、
倉庫現場では、これが顕著に現れます。

閑散期は、
通常の出荷量が半分ぐらいになったり、
入荷する商品が少なくなったりします。

逆に繁忙期では、
通常の出荷量が倍以上になったり、
入荷する商品が倍以上になったりします。

では、
物量が倍増なる繁忙期に備えて、
何を行えば良いのでしょうか?

重要なのは閑散期の行動です。

閑散期は、
繁忙期のために体力を温存する期間ではありません。

閑散期は、
繁忙期に向けて様々な対策を行う期間なのです。

残念ながら、
そのような考えを持っている
倉庫現場作業者は少ないようです。

なので、
繁忙期はいつも仕事にも追われて、
右往左往してしまいます。

なぜ、
このような事が起こってしまうのでしょうか?

それは、
無意識に変化を嫌ってしまう事
による向上心の低下です。

倉庫現場は、在庫数の変動があり、
アイテム数が増えたり、
仕様変更または新商品の追加等によって
常に変化をしています。

にも関わらず、
毎日、同じ仕事をしてれば、
仕事がスムーズに進むと
思い込んでしまっているのです。

とくに近年は、
消費者の要望に応えるために
多品目小ロットの商品が増えてきています。

そのため、
商品アイテム数が増え、
在庫管理が難しくなってきています。

そして、
気がついたときには、
倉庫内は商品で溢れ、
通路にも商品が置かれ、
置き場がわからない商品が
増えてしまっているのです。

だからこそ、
閑散期には、繁忙期に向けて
様々な対策を行う必要があるのです。

倉庫現場プロ作業者検定を 受けてみませんか? 倉庫現場作業者として 必要なスキルが身に付いているか 7つの質問に答えるだけで分かります
倉庫現場プロ作業者無料検定
日本でも数少ない 20年以上の倉庫現場 経験者が行うセミナー 誤出荷ゼロ・労災ゼロを 実現する為に必要な たった一つの事

コメントを残す