修養とは、「知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。」では、どのように解釈をしますか?

修養をインターネットで調べると
 
「知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。」
 
という意味だそうです。
 
 
知識を高めるためには、いろいろことを、学べば知識はそれなりには高まります。
 
それでは、品性は?
 
インターネットで意味を調べると
 
「道徳的基準から見た、その人の性質。人格。」
 
となっています。
 
 
なんとも、曖昧で分かりづらいものですね。
 
 
だからこそ、
 
人は、
 
学び、考え、行動し、
 
試行錯誤しながら
 
自分を磨き、
 
高めていくのではないかと考えます。
 
 
学び、磨くことに、
 
終わりはないのです。
 
 
これで、
 
満足と思った時点で
 
人の可能性は、
 
閉ざされてしまうのです。
 
 
修養は、
 
人格面・精神面を磨き高めるためには、
 
必要不可欠なのもなのです。

 


「信頼関係の築き方」勉強会、開催します。

4月18日開催
のお申し込みはこちら→http://www.reservestock.jp/events/34808

4月21日開催
のお申し込みはこちら→http://www.reservestock.jp/events/34809

 メルマガ「気づきの一言」配信中
気づきの一言の購読申し込みはこちら
サポートサイト

メイン

メール講座

資料関係

身近な幸せ発見

無料オリエンテーション予約サイト:ご予約はこちらから

 


コメントを残す