人生の使命・ミッションとは?そして、使命・ミッションの気づき方


「人生の使命やミッションは、大切だとよ」と言われるけど、自分の使命やミッションって分からないよ。
 
または、「自分の人生の使命やミッションなんて、知らなくても生きていけるし、生活に困らないから大丈夫だよ」と言われる人も多いと思います。
 
もちろん、自分の人生の使命やミッションを知らなくても、生きて行けますし、生活も出来ます。
 
では、なぜ、人生の使命やミッションが大切だと言われるのでしょうか。
それは、自分の人生の使命やミッションを知っているのと知らないのとでは、人生の時間の質や毎日の生活の充実度の違いが生まれてくるからです。
 
簡単に言えば、目的地を決めたドライブと目的地を決めていないドライブの時間の使い方や内容の充実度の近いになります。
 
目的地を決めたドライブですと、目的地に到着する時間も予想が出来ますので、時間を有効活用して、ドライブの内容を充実させることが出来ます。
 
逆に、目的地を決めないドライブですと、何も予想することが出来ないので、時間を考えて予定を組むことが出来ません。
 
その結果、行き先やコースを考える為に時間を使ってしまい、結果的にドライブに行けなかったり、いつも行っている場所に行くという選択をしがちです。
 
それと同じ様に、人生の使命やミッションを分かっていると、自分の生きる方向や目的が分かって同じなので、人生プランを立てやすくなり、時間を無駄にしなくてすみます。
 
では、人生の使命やミッションって、なに?
となります。
 
私の考える人生の使命・ミッションとは、「何の為に生まれ、なぜ、世界に生かされているのか。
そして、自分の生きる意味とは、何か。
自分が生き続ける事で、世界に何を与え、何を残せるのか。」
という問いかけに対しての自分の答えなのです。
 
そして、その問いかけに自分だけの答えを出す事で、時間を有効活用して、人生の時間の質や充実度を高める事が出来ます。
 
もちろん、自分の人生の使命やミッションに気がついていなくても、無意識に自分の人生の使命やミッションに従った生き方をしている人もいます。
 
 
では、どうすれば、自分の人生の使命やミッションに気づく事が出来るのでしょうか?
簡単に言ってしまえば、経験や出会いによって気づく事が多いです。
 
 
天災や事故・病気によって、自分のやるべき事に気づく人もいれば、メンターと呼ぶ人との出逢いによって気づく人もいます。
 
例えば、交通事故で子供を亡くした事により、交通事故撲滅の活動に一生を捧げる人もいます。
飲酒による交通事故に対する意識変化や罰則・取り締まりが厳しくなったのも、そう行った人たちの活動の成果でしょう。
 
また、尊敬する人の活動や人間性に惹かれ、その人の考え方や行動を学んでいく事で、自分の価値観に気づく人もいます。
 
そして、震災によって、今までの生活のすべてを失ってしまい、当たり前が当たり前でなくなった事により、今後の生き方のことを考える為に自分の心と向き合う事で気づく人もいるでしょう。
 
 
人は、さまざまな経験や出逢いに対する受け止め方や解釈は、一人ひとり違います。
なので、気づき方は、一人ひとり違います。
 
 
そこで、私の場合について簡単にお話をします。
 
私の父親は、仕事でトラブルを起こし、私が小学校5年生の時に蒸発という形でいなくなり、両親は離婚をしています。
その時、前触れもなく父親を失いと言う経験をしています。
 
それ以来、大切な人を失うくらいなら、初めから仲の良い友達や大切な人を作るまいと思い、子供心に自分の気持ちを抑えようと決めました。
 
そして、社会人となり、さまざま人と仕事を行い、いろいろな経験をする事で、仕事相手のサポートをする事に対してやりがいと充実感・爽快感を感じ始めました。
 
その事に気づいたのは、コーチングを勉強していたからです。
 
コーチングの講義では、自分の心と向き合いワークと言うものがあります。
そのワークを何回も行う事で、自分は、何に対してやりがいを感じ、何を大切にしているのかという事に気づく事が出来ました。
 
その結果、仕事のやりがいを得る為に、転職を繰り返し、気がついたら転職を10回していました。
 
そして、転職を繰り返す中で、リッツ・カールトンホテル元日本支社長である高野登さんと出逢いました。
 
高野さんの講演会やセミナーに参加し、著書を読み、直にメッセージのやり取りをする事で、3つの事を学びました。
1:「人生の使命・ミッションの必要性・大切さ」
2:「自分軸とお一人さま1回きりの人生の大切さ」
3:「相手の気持ちを察し、行動するホスピタリティーの大切さ」
です。
 
高野さんと出逢い、ホスピタリティー精神について学んでいく中で、私の仕事に対する接し方は、ホスピタリティー精神に繋がると言う事と気づきました。
 
だからこそ、高野さんの価値観や発言などに共感し。目指す場所が同じ事に気づきました。
 
そして、それ以降、自分の生き方・考え方に対して、自信が持てるようになりました。
 
また、飼っていたインコが体調を崩し、2度と大切なものを無くしたくないと言う思いで、必死で小鳥を診察できる動物病院を探し出し、病気を完治させました。
その後の健康の為にドイツから通販で鳥のサプリメントなどを定期的に購入しています。
この経験で学んだ事は、大切なものを守る為には、行動力と決断力が必要だという事です。
 
ここまでの経験と出逢いを振り返り、人生の使命・ミッションに関するキーワードが7つ出てきました。
 
それは、
1:「大切なものを失いたくない(守りたい)」
2:「自分軸の大切さ」
3:「お一人さま、1回きりの人生」
4:「仕事に対するやりがい・充実感」
5:「ホスピタリティー」
6:「転職」
7:「行動力・決断力」
です。
 
6つのキーワードを元にして、文章を作ると、

「私は、自分のように大切なものを失くす辛さを味わってほしくありません。

そして、1回きりの人生、自分の人生の主導権を握って、大切なものを守り、自分軸を大切にした生き方をして、仕事や人生に対して、やりがいや充実感・爽快感を感じてほしいのです。

 

また、仕事において、自分の大切なものを守れなかったり、自分軸を大切に出来ないのであれば、転職などをする必要もあると実体験から感じています。
 

これらの理由から、少しでも多くの人に、自分の大切なものを守り、自分軸を大切にして、1回きりの人生を充実させ、後悔のない生き方を実現してほしいのです。

 

もし、仕事により、自分の大切なものを守れなかったり、望む人生が実現が出来ないのであれば、転職も視野に入れて、考え、決断をし、行動に移してほしいのです。
 
その為に私は、あなたが自分の人生の主導権を握り、大切なものを守り、自分軸を大切にする人生を実現する為に、あなたの心に寄り添ったコーチングセッションを行ないます。」
となります。
 
まずは、あなたの今までの人生の歩みを振り返り、人生の使命・ミッションの土台となるキーワードを導き出しませんか?
 
その後、キーワードを元にして、人生の使命・ミッションを考えると作りやすと思います。
 
1回きりの自分の人生。
その人生の貴重な時間の質と充実度を高め、毎日を充実させるかどうかは、あなた次第です。

 

 

ブログ後部


コメントを残す