ビジネス書は、文字があって見えるものだけど

ビジネス書は、文字があって見えるものだけど、持っているだけ、

読んだだけでは、価値は無いに等しいのでは無いかと思う。

 

ビジネス書は、著者の知識を目に見えるもの形にしたもであって、

本来なら目に見えないもの。

 

言ってみれば、

書籍にしたことにより、良くも悪くも多くの人に評価を受けることが出来るようになった。

 

と言うことは、

目に見えない限り、その書籍に書かれている知識は、価値が無いものなのか?

 

そんなことはない。

 

目に見えない知識を文章化しただけであって、価値はなにも変わっていない。

 

なぜ、目に見えるものしか価値を感じない人が多いのだろうか?

 

目に見えるものに対して、高い価値を感じる人。

 

目に見えな無いものに対しても、高い価値を感じる人。

 

この違いは、どこにあるのでしょうか?


物流倉庫現場作業者を自社の強みに変えるサポート/アクティーズ ジャパン

初めての方へ

現場力メソッド

サービス







    この内容でよろしいでしょうか? 

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    chatボット「ときみちゃん」
画像をクリックしてください。
    画像をクリックしてください

    chatGPTで作ったチャットボット”ときみちゃん”です。
    有料版chatGPTをお使いの方は、試してみてください。

    画像をクリックしてください。

    物流の事や最近の物流ニュースなどをお答えします。

    コメントを残す