ハングリー精神が失われ、生活保護への危うさ

今の時代、
ハングリー精神というものは、
死語のようなものになってしまいました。

なぜかと言えば、仕事をしなくても、
生活保護という選択をすることで、
最低限の生活は出来るようになってしまったからです。

では、
自分らしい働き方を見つけるために、
お金を稼ぐ仕事をしないで、
生活保護という選択をすると、
どうなるでしょうか?

正直、生活保護で生活を
私自身したことがないので
よく分かりません。

ただ、1つ言える事は
楽をしてお金をもらえるということに
慣れてしまうと自分に甘えが出てしまいます。

自分らしい働き方を
探したい・見つけたいと思って働かず、
生活保護と言う選択をしてしまうのは、言ってみれば、
目的を持たずにドライブに行くようなものです。

また、
生活保護というのは、
ある意味、高速道路の
サービスエリアのようなものと思います。

サービスエリアは、
安全で、安心出来て、いつも無料で休める場所です。

そして、いつまでも居ても
誰も何も文句を言われません。

そんな場所に居続けると
時間だけが、無意味に過ぎてしまいます。

自分らしい働き方を
探したいと思った選択が結果的には
自分の大切な時間を無駄に過ごしてしまいます。

そうならないためにも、
生活保護という選択ではなく、
いろいろな働き方をして、
お金を稼ぐことを考えることが大事です。

幸い、
今の時代、アルバイトやパートなど、
さまざまなお金の稼ぎ方があります。

自分の力で働いて、
お金を稼ぐ大切さを身もって知る。

そうすることによって、
自分が何を大切にして働いているか
ということに気づくきっかけになります。

自分の力で働いて
稼ぐ大切さ・楽しさに気づいていますか?

 

毎週木曜日配信
「37歳からの自分の働き方を見つける方法」
読者登録、お待ちしております。

 

気づきの一言の購読申し込みはこちら

 

無料資料お申し込み
「心と体に充実感と活力を与えて、目標を達成する為の3つのポイント」(Any-1

「やりがいを感じる仕事へ転職したいあなたの為のチェック診断」
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/893

「40歳からの理想の生き方・仕事を手に入れることが出来るか診断」

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/890

 


コメントを残す