概要 1. 現時点でのマニュアルをフローチャート化し、全体の流れを見える化します。 2. フローチャート化したマニュアルに、現時点での注意点・仕事のコツを記入します。 3. 仕事のQ&Aの作成します。 このセッションでは、仕事の工程を細かく書き出し、流れを見える化し、図解化する事です。 メリット 1. 図解化する事で、文章で読むよりも、直感的に仕事の流れを把握する事が出来ます。 2. 仕事の流れを簡単に把握できます。 3. 個別に注意点やコツなどを書き込んで、使う人に合わせたマニュアルを作る事ができます。ステップ1(業務内容の確認) シンプルマニュアル化したい業務内容を箇条書きしてください。 ステップ2(業務手順の確認) 業務内容の手順を箇条書きしてください。 ステップ3(現状の確認) 通常、行なっている手順を書き出してください。 現状の仕事と合っているか確認をしてください。 変える箇所があれば、どのように変えるかを現場レベルで確認をします。 ステップ4(注意点・規則・ルールの確認) 新人がミスする可能性がある箇所は、どこですか? 行う業務で注意点・守るべきルール、どんな事がありますか? ステップ5(使用ツールの確認) 業務を行う為に使うツールの確認をします。 業務に関係する部分のマニュアルを書き出します。 ステップ6(用語集の作成) 新人・若手から質問される専門用語を書き出します。 ステップ7(Q&A集・失敗事例集の作成) 今までに新人・若手から受けた質問とその答えを書き出します。 今までの失敗事例とその原因と対応策を書き出します。