セッション概要 •入社2年目までの人を対象とした仕事の教え方を考えます。 •教わる側の立場に立ち、相手の気持ちを考え、自信を持たせながら仕事の基礎知識を教えます。 仕事を教わる人が、主役であるという前提で教え方を考えるセッションです。


初回セッション 教える相手に覚えてほしい仕事内容や知識、身につけてほしいスキル・資格に対する目標を作ります。 手順 1.教える相手に覚えてほしい仕事の業務・知識、身につけてほしいスキル・資格を書き出します。 2.「1」で書き出した内容を基に優先順位表を作成します。(急ぎであっても重要ではないものは、優先順位は低くします。) 3.「2」の優先順位を基にして、3ヶ月後には、覚えてほしい仕事や知識・資格、又は、身につけてほしいスキルに対しての目標と達成する為の行動を書き出します。

 

2回目以降のセッションでは、教える相手の目標達成度合いと教え方の振り返りをします。 1. 初回セッションで作った目標達成度合いを10段階又は5段階評価します。 2. あなたから見た相手の出来ている部分と出来ていない部分を書き出します。 3. 出来ている部分を何回褒めたか、回数を書き出します。(褒めることは、相手に自信を与える為に必要です。) 4. 教えている相手の立ち場・気持ちになって、なぜ、出来ていないかを具体的に書き出します。 5. 出来ないを出来るにする為の具体的なアドバイスなどを考えます。 これらの内容を基に教える相手と、月一回のペースで面談をします。