新人でも分かりやすい業務マニュアル図解化サポート

概要

1:現時点でのマニュアルをフローチャート化し、全体の流れを見える化します。

2:フローチャート化したマニュアルに、現時点での注意点・仕事のコツを記入します。

3:仕事の用語集・Q&Aの作成

4:サポートは、LINE電話・Facebook電話・チャットワーク・スカイプ・ハングアウトの無料電話から選択できます。
*名古屋近郊の方であれば、対面でも対応いたします。
お気軽にご相談ください。

オプションとして、個別マニュアル作成サポート・基本マニュアル定期バージョンアップサポートを行います。

フローチャート化とは、仕事の流れを見える化し、図解化する事です。
図解化する事で、文章で読むよりも、直感的に仕事の流れを把握する事が出来ます。

また、フローチャートで仕事の流れを見える化する事で、注意点やコツなどを書き込みする事で、仕事のミスの軽減や効率アップに活用出来ます。


今の時代、現状に合っているマニュアルは仕事を教える為に必要不可なものです。

今までは、仕事は見て覚えろ、メモをしながら覚えろと言われてきました。
それが、時代が変わり、非正規の人達が増える事で、時間をかけて仕事を教える事が出来なくなってきました。

その結果、今までのような仕事の教え方では、間に合わなくなってきました。
にも関わらず、時間が無という理由で、マニュアルを作っても見直しや改善が行われないのが現実です。

いろいろと転職をしてきて、その現実を目の当たりにして、仕事を覚えるのに苦労をしてきました。

仕事を教える為に必要なマニュアルがあっても、古くて、現状の仕事では使えない場合もあったりします。
そんな現状であっても、一度作ったら、見直しや改善をしないのが現実です。

iPhoneのようにマニュアルが無く、使いながら使い方を覚える場合でも、新機種が発売される度にマニュアル本が発売されます。

それも、同じ機種で何冊も発売されています。
なぜ、何冊も発売されるのでしょうか?

それは、一人ひとり、理解度が違うのと求める内容の深さが違うからです。

それと同様に仕事のマニュアルも、教える側が使う基本マニュアルと教わる側が使う個別マニュアルが必要となってきます。

基本マニュアル:仕事の基本的な流れと現時点での注意点・仕事のコツが書かれているもの。

個別マニュアル:仕事を行なっていく中で、気づいた事・注意点・仕事のコツが書き込まれているもの。

 

基本マニュアルは、失敗やミス、個別マニュアルに書き込まれているものや教わる側からの質問を取り入れ、定期的にバージョンアップをする必要がります。
そうする事で、現状の仕事の状況に合わせたマニュアルを維持する事ができます。

このサポートは、文章のマニュアルをフローチャート化し、マニュアルの流れを見える化します。

事例
下記の図は、作業マニュアルをフローチャートとして図解化したものです。

そして、下記の図は、上記のフローチャートに注意点を加えたものです。

 セッションのご予約は、セキュリティー保護されているサイト(リザーブストック)で行います。