やりたい事、実現したい事、達成したい事に対する目標を書き出します。 そして、目標達成に必要な事、スキル・資格・知識・環境・マインド・経験・実績・人脈などを書き出し、 短期的な目標達成する為に必要な事に分別、整理整頓をします。 そうする事で、短期的な目標へ焦点を合わせ、目標達成するフロー(流れ)を作り出す事が出来ます。 また、自分の状況・状態・レベルを客観視する事で、 ストレッチゾーンのフロー状態を得られる目標作成をする事が出来ます。 フローを生み出す為に必要な事を書き出し、 やりたい事、実現したい事、達成したい事を実現する為の道標となるものをフロー実現マップと言います。


フロー実現マップ作成手順  1:やりたい事、実現したい事、達成したい事を書き出します。 2:やりたい事、実現したい事、達成したい事を実現する為の長期・中期・短期的な目標を作成します。 3:書き出したリソースを短期的な目標達成する為にものに分別、整理整頓をします。 4:目標達成の為に必要なリソース(スキル・資格・知識・環境・マインド・経験・実績・人脈など)を書き出します。 5:目標達成する為の行動を書き出し、必要なリソースを持っているか確認をしていきます。   そうする事で、短期的な目標へ焦点を合わせた目標達成するフロー(流れ)を作り出す事が出来ます。  短期的な目標達成に焦点を合わせる理由は3つあります。 1:無理なく達成感を得る 2:自信を持つ事ができる。 3:着実に進んでいる事を実感できる。   また、自分の状況・状態・レベルを客観視する事で、   ストレッチゾーンのフロー状態を得られる目標作成をする事が出来ます。  フローを生み出す為に必要な事を書き出し、 やりたい事、実現したい事、達成したい事を実現する為の道標となるものをフロー実現マップと言います。