1. 職人の師弟関係による教え方。  昔ながらの「見て覚えろ」、「仕事のやり方は盗め」という教え方の為、仕事を覚えるのに時間がかかります。  また、教える人と教わる人との信頼関係が問われる教え方でもあり、教わる側のやる気が求められる教え方でもあります。 2. 経験や実績、知識に基づいた教え方。  教える人の経験や実績・知識に基づいた教える側が主導の教え方です。  教える人の経験や実績・知識に基づいているので、教える人と教わる人の相性によって、成長に違いが生じてしまいます。 3. 再現性の高いスキル・技術による教え方。  学ぶ事で誰にでも活用できるスキルを使った仕事の教え方です。  「傾聴」、「質問」、「承認」、「伝え方」「話し方」、「コミュニケーション」などをスキルとして学び、身に付けて教える事です。  ただし、スキルの熟練度は一人ひとり違う為、同じスキルを使っても、同じ教え方でも、同じ結果が得られるとは限りません。 4. 心理学を用いた教え方。  相手の性格や長所(強み)・短所(弱み)など特徴を取り入れた教える相手に合わせた教え方です。  性格や長所・短所、タイプ分けは、様々な要素が絡み合うので、正確性に欠ける部分もあり、判断にも迷う場合もあります。  その為、必ずしも、相手に合った教え方が出来るとは限りません。 5. ホスピタリティ精神を取り入れた教え方。  相手の立場や目線になって、どんな教え方をすれば分かりやすいのか、何が分からないのかを考え、教わる側が主役の仕事の教え方です。  相手の立場になって、言葉にならない心の言葉を感じ取り、相手が求める教え方を考えて実践します。  その際、1から4の教え方をすべて活用する必要があります。


このセッションでは、 第五段階のホスピタリティ精神を取り入れた教え方を実践する為のものです。 第一段階から第四段階までは、教える側が主ですが、第五段階は、教わる側が主になります。 このセッションを受ける事によるメリット 1:教える相手(部下・指導する相手)の立場・気持ちを理解するきっかけを手に入れることが出来ます。 2:教える相手との信頼関係を築くことが出来ます。 3:教える相手のレベル・スキル・性格に合わせた仕事の教え方が出来るようになります。 4:教える相手に無理をさせない教え方が出来ます。