GIHSAループは、 私の20年以上の倉庫の現場経験から生まれた作業効率を上げ、安心・安全で働ける職場を作る為のフレームワークです。
GIHSAループを構成する5つの要素 Grasp:状況を把握する 2. Imagine:イメージする 3. Hypothesis:仮説を立てる 4. select:選択する 5. Act:行動する
Grasp:状況を把握する(全体の仕事の流れや状況を把握し、何がどこに置いてあるか、 何を優先するかなどといった現状の情報を自分の中に落とし込みます)  Imagine:イメージする(一緒に働いている人たちが、どの様に仕事を行っているかイメージをします)  Hypothesis:仮説を立てる(イメージをした内容をもとに、相手の立場に立って、 どのような仕事の段取りを行えば、仕事が行いやすいか仮説を立てます) Select:選択する(仮説の中から、最善と思われるものを選択します) Act:行動する(選択した仮説を実際に行います)
3つのメリット 働く人が安心・安全に働ける職場環境を作る事が出来ます。 作業の効率アップができる職場環境を作れます。 周りの人を巻き込んで、1+1=2ではなく、4にも5にも出来ます。