仕事の教え方には 、大きく分けて5つあります。 日本の仕事の教え方は、昔は先輩や師匠の仕事を見て、 仕事を覚える(盗む)という事が習慣化されてきました。 ところが、国内産業成熟化、ビジネスの複雑化、ビジネスの国際化、 不景気などにより、昔のような教え方では対応しきれなくなってきました。 その結果、海外からさまざまな教え方・指導法のスキルなどが入ってきました。 ただし、知識やスキルを学ぶことは出来ても、それらを組み合わせて応用し、 相乗効果を生み出すことが出来ないのが現状です。 そこで、仕事の教え方を分かりやすく整理する為に5つの教え方に分類しました。

 

 

1:職人の師弟関係による教え方。   昔ながらの「見て覚えろ」、「仕事のやり方は盗め」   という教え方の為、仕事を覚えるのに時間がかかります。   教える人と教わる人との信頼関係が問われる教え方でもあり、   教わる側のやる気が求められる教え方でもあります。 2:経験や実績、知識に基づいた教え方。   教える人の経験や実績・知識に基づいた教える側が主導の教え方です。   教える人の経験や実績・知識に基づいているので、   教わる人の成長の違いが生じてしまいます。 3:再現性の高いスキル・技術による教え方。   学ぶ事で誰にでも活用できるスキルを使った仕事の教え方です。   「傾聴」、「質問」、「承認」、「伝え方」「話し方」、   「コミュニケーション」などをスキルとして学び、   身に付けることは出来ますが、熟練度は一人ひとり違う為、   同じスキルを使っても同じ結果が得られるとは限りません。 4:心理学を用いた教え方。   相手の性格や長所(強み)・短所(弱み)、タイプなどを取り入れた   教える相手に合わせた仕事の教え方です。   性格や長所・短所、タイプ分けは、様々な要素が絡み合うので、   正確性に欠けるので、必ずしも、相手に合った教え方が出来るとは限りません。 5:ホスピタリティ精神を取り入れた教え方。   相手の立場や目線になって、どんな教え方をすれば分かりやすいのか、   何が分からないのかを考え、教わる側が主役の仕事の教え方です。   相手の立場になって、言葉にならない心の言葉を感じ取り、   相手が求める教え方を考えて実践します。   その際、1から4の教え方をすべて活用する必要があります。