倉庫業務改善など自分達でも行なうことができる内容なのに、
なぜ、倉庫業務コンサルティングを導入する必要があるのでしょうか?

・倉庫業務改善コンサルティングを導入するメリットはあるのか?
・費用対効果はあるのか?

倉庫業務コンサルティングを導入する4つのメリットをお伝えします。

メリット(1)
社内では思いつかない倉庫業務の専門家の視点、ノウハウを活用できる
製品に関する知識はお客様に及びませんが、
商品を「保管・ピッキング・梱包・発送する」といった倉庫業務では、専門領域であり、
お客様以上の経験と実績をもっています。
そんな経験・実績を活用することで、倉庫業務の面からお客様の業績に貢献することが出来ます。

メリット(2)
他社の事例・対応策を活用できる
複数の企業内の倉庫業務を経験した事により、その実体験(事例)に基づき、
お客様のニーズに合わせた問題解決策をご提案することが出来ます。

メリット(3)
業務改善をする時間短縮と、コストとヒトの負荷を削減できる
倉庫業務は単純作業ですが、状況・環境・人材の違いにより、
改善方法や手法、新たな対策は数多く存在します。
数多く存在する手法の中から、自社にあった改善対策を見つけるのは容易ではありません。
・これまで、自社で改善をやってみたが、仕事のやり方に対して、思い込みがあり上手くいかない。
・変化を嫌う為に、新しい手法を取り入れるのに抵抗がある。
・現状でも仕事は行えているので、時間を使い改善をする必要を感じない。
など、社内の現場の人間が行うと失敗事例も少なくはありません。
改善をする為には、業務の主要メンバーが関わる必要があります。
そのため業務に支障をきたします。
コンサルタントが、改善対策に関わることにより、業務への負担を軽減することができます。
倉庫業務のプロであるコンサルタントが関わることで、時間と労力を短縮して、
自社に合った改善対策を実現できます。

メリット(4)
部署間の壁に捉われず、生産性の高い倉庫業務を実現させられます。
お客様が自覚している問題や課題の中には、社内の人間関係や部署間の不仲など、
組織ならではの理由で指摘できないものがあるのではないでしょうか。
例えば、出荷指示書に追加事項を行う場合、
仕事を増やしたくないなどの理由で改善が進まない事があります。
また、社内で「当たり前」になっている事が、
現在お客様が抱えている問題・課題の障壁になっている可能性が多いに考えられます。
そういった問題は、コンサルタントという外部の第三者の立場により、
指摘し、社内に波風を立てずに改善を図ることが出来ます。

現場の人間が、経験と感覚で作り上げた作業の流れやルーチンワークなど、
明文化されていない行動の「ブラックボックス」を開けない限り、倉庫業務改善は出来ません。

そのブラックボックスを開けて、分析をし、改善対策を考えるためには、
社内の固定概念に捉われない倉庫業務の専門家が必要となります。