新型コロナにより生まれた新しい雇用と 鎮静化・終息後を見据えて新人・初心者が 本当に求めている 作業マニュアルの ポイント

新型コロナによって、働く現場は様変わりしました。 自粛、自粛で、営業が出来ず、廃業を考える経営者。 それとは逆に、仕事が増えて、対応に苦慮している経営者。 または、人間休業を決め込み、今後の動向を注視している経営者。 今回の状況により、第二創業を考えている経営者。 ただ、 経営を続けると決めた場合、絶対に必要な共通項が一つあります。 それは、一緒に働いてくれる仲間であり、従業員の存在です。コロナの鎮静化、終息後に訪れるもの。 それは、自粛により人材を手放した事による雇用の流動化です。 そして、再開に向けての人材獲得合戦です。
コロナ感染の影響で、休業・営業時間の短縮の為、 仕方なくパートやアルバイトに辞めてもらったが、 コロナの鎮静化、終息後、通常営業に戻ると 新しくパートやアルバイトを雇う必要があります。 ただ、高い求人広告費を出し、人材確保合戦に勝って、 人材を確保しても、すぐに辞められては、人件費の無駄、 広告費の無駄、時間の無駄になってしまいます。 そうならない為にも仕事を覚える為の 必要最低限の環境、教材を揃えておくべきです。
その一つが作業マニュアルなのです。 作業効率を求められる今の時代では、 見て覚えろ、やって覚えろでは、 誰も仕事を覚える事はできません。 誰しも、最初は仕事を覚えようと頑張ります。 ただ、覚えるのが遅かったり、 覚える事が多過ぎて覚えきれなかったりするだけなのです。そこで問題になるのが仕事を教える為の新人教育です。 新人・初心者に対して仕事を教える際、 新人・初心者が仕事をなかなか覚えてくれない、 失敗・ミスが多くて、いくら注意しても減らない、 なんて悩みをよく言われます。
その悩みの原因は、大きく分けて3つ。 1:どうやって教えればいいか分からない。 2:何から教えればいいか分からない。 3:仕事のどんな事が分からないか、分からない。 仕事を教える側の悩みは、 大きく分けるとこの3つではないでしょうか。
もちろん、 さまざまな人材育成や仕事の教え方の本が出ています。 ただし、どんな本も教える側の視点でしか 書いていない場合が多いのです。 それで、新人・初心者が抱えている仕事に対する 不安・疑問は解決出来ているのでしょうか? 10回近く転職してきた 私の経験からいって解決はされません。 なぜなら、 分からない事、疑問に思っている事は 一人ひとり違うからです。どんな仕事も、最初は分からない事ばかりです。 そのため、最初に基本的な作業・情報・読み方を 教えてもらわないと???の連続です。
私は、倉庫の仕事は20年以上行なってきましたので、 基本的な作業や流れは把握していますし、 それなりに行う事ができます。 ただ、扱う商品、職場が変われば、 ルールや規則、仕事の段取り、伝票の内容も 変わってきます。例えば、 自動車部品を扱う場合と医薬品を扱う場合では、 ルールや規則は違います。 また、 航空貨物を扱う場合も、チェックする伝票の内容は 変わってきます。 こう言われると、 更にどうやって仕事を教えればいいか 悩んでしまう方が多くなるのではないでしょうか?
そこで必要不可欠なのが仕事の内容ごとの作業マニュアルです。 学校や塾で勉強を教える時も教科書が必要なように、 仕事を教える時にも 教科書の代わりとなる作業マニュアルが必要です。 では、どんな作業マニュアルが良いでしょうか? 文字ばかりの作業マニュアル 辞書の様に分厚い作業マニュアル でしょうか?
文字ばかりの作業マニュアルは、 読むことで初めて仕事の流れや内容を 知る事が出来ます。 分厚い作業マニュアルは、持ち運びが不便であったり、 置き場所に困ったり、知りたい内容が直ぐに知る事が 出来ません。 作業マニュアルを使うのは、誰でしょうか? 仕事の内容を理解している人ですか? 知識・経験豊富な方ですか? 違いますよね。
作業マニュアルを使うのは、 仕事の知識も無く、仕事に不慣れな 初心者や新人のはずです。 では、 新人・初心者が使いやすい作業マニュアルとは、 どんなものでしょうか? 転職を繰り返す事で、 新人・初心者が仕事を行う上で知りたい事、 教えてほしい事、疑問に思う事が分かってきました。このセミナーでは、 新人・初心者が仕事を行う上で知りたい事、 教えてほしい事、疑問に思う事を加え、 仕事の流れを一目で分かる作業マニュアルとは 何かをお伝えします。

開催日:5月22日
開始時間:10時・15時・20時
(3回開催・各40分間・各回同じ内容です)
場所:ZOOM・Webセミナーにて開催
参加費:無料

参加募集人数:5人

対象者
新人教育担当者・倉庫管理担当者
倉庫現場のリーダー及び責任者